おでかけ

  • Check

県内最古級の石器並ぶ 若松 12月3日まで「発掘ガール」展

県内最古級の石器などを展示している会場

 企画展「一心不乱!?発掘ガール」は12月3日まで、会津若松市歴史資料センター「まなべこ」で開かれている。同市湊地区の笹山原遺跡から出土した県内最古級の石器などを紹介している。
 同センターと郡山女子大短期大学部の共催。同学部は長年、笹山原遺跡の調査を継続しており、会場には石器約1000点を展示した。発掘に使用した道具や調査の過程などもパネルなどを使って分かりやすく紹介している。
 入場無料。時間は午前9時から午後5時まで。月曜休館。

■発掘道具も 12日、郡山女子短大教授が講演 展示解説も
 企画展に合わせ、12日午後1時半から、センター内で郡山女子大短期大学部の会田容弘准教授が「会津地方の旧石器時代」と題して講演する。展示品の解説も行う。

おでかけの最新記事

>> 一覧