おでかけ

  • Check

点灯式で太鼓披露 いわきで「まつり」開幕 1月8日まで

勇壮な太鼓演奏で点灯式を盛り上げる一打の会

 富岡町の夜の森の桜並木を電飾で再現した「いわき光のさくらまつり」は2日、いわき市で始まった。来年1月8日まで美しいイルミネーションが街を彩る。初日は点灯式を行い、太鼓演奏や音楽ライブを催した。
 清水敏男いわき市長、宮本皓一富岡町長らが点灯ボタンを押し、電飾が一斉に点灯した。
 市内の和太鼓団体「一打の会」は勇壮なバチさばきで盛り上げた。お笑いコンビの「どぶろっく」が軽快なトークを繰り広げ、持ち歌の「もしかしてだけど」などを披露した。
 点灯時間は午後5時から同11時まで。

おでかけの最新記事

>> 一覧