おでかけ

  • Check

阿津賀志山輝く 「ビッグツリー」スタート 国見

冬の夜空に浮かび上がる「あつかし山ビッグツリー」(奥)と始まりを知らせる花火

 国見町のシンボル阿津賀志(あつかし)山を電飾で彩る年の瀬の恒例行事「あつかし山ビッグツリー」は12月23日、始まった。
 点灯式は町内の上野台総合運動公園グリーンアリーナ923で行われた。太田久雄町長らがスイッチを押すと、阿津賀志山が幻想的な光で浮かび上がった。点灯と同時に約200発の花火が打ち上げられた。
 行事は町や町商工会などでつくる実行委員会の主催。標高289メートルの山頂付近に電球が付いた約100メートルのケーブル10本を放射状に張り、山をツリー状に飾っている。点灯は来年1月5日まで。午後5時から午後10時までで、大みそかの31日は夜通し点灯する。

おでかけの最新記事

>> 一覧