おでかけ

  • Check

被災3県の特産並ぶ 1月16日まで郡山・うすいに40社

さまざまな特産品が並ぶ会場で買い物を楽しむ来場者

 本県など東日本大震災の被災3県の中小企業者による物産展「みちのく いいもん うまいもんin福島」は10日、郡山市のうすい百貨店で開幕した。1月16日まで。
 独立行政法人中小企業基盤整備機構の主催、福島民報社などの共催。福島、宮城、岩手の3県の40社が郷土料理やスイーツ、飲料、工芸品などを販売している。仙台市の牛タン弁当や三陸殻付きボイルほや、岩手県岩泉町のヨーグルト、同県釜石市のくるみ餅、西会津町のシイタケのマリネ、二本松市のワインなどさまざまな商品が並び、多くの来場者が試食をしながら購入している。機構が震災復興支援アドバイザーを派遣している宮城県塩釜市の中山せんべい店も出店している。
 期間中、3000円分の購入ごとに抽選会に1回参加できる。13、14の両日は赤べこ絵付け体験や、津軽三味線生演奏の企画を催す。同時開催で青森、秋田、山形の3県の企業が出店する「復興応援みちのくフェア」も開いている。
 時間は午前10時から午後7時(10階催事場のみ最終日は午後5時)まで。問い合わせは同百貨店 電話024(932)0001へ。

おでかけの最新記事

>> 一覧