おでかけ

  • Check

7月14、15日「喜多方レトロ横丁」 昭和時代の町並み再現

前列左から阿部弥生、五十嵐、佐藤、渡部の各氏。後列左から遠藤、沢井、阿部浩一、花見の各氏

 会津喜多方商工会議所の「第14回喜多方レトロ横丁」は7月14、15の両日、喜多方市のふれあい通り商店街で開かれる。
 昭和時代の昔懐かしい町並みを再現する。初代クラウンをはじめ往年の名車が約120台そろう「レトロモーターShow」、射的やピンボールが楽しめる縁日、喜多方ラーメン、地酒が味わえるブースなど50を超えるイベントを繰り広げる。
 今年は14日の午後8時30分ごろから喜多方市役所近くの河川敷で花火大会も催す。
 時間は14日が正午から午後9時、15日が午前9時から午後4時まで。問い合わせは同商工会議所 電話0241(24)3131へ。
 主管する喜多方レトロ横丁実行委員会の五十嵐健展実行委員長は28日、PRのため福島民報社を訪れた。渡部源一郎副実行委員長、遠藤公一副実行委員長、阿部浩一相談役、沢井淳監事、実行委員の花見栄さん、阿部弥生さん、佐藤慎之介さんが一緒に訪れた。

おでかけの最新記事

>> 一覧