ふくしま復興大使・ふくしまからのメッセージ

  • Check

「うつくしま復興大使」に委嘱状 ふくしまからのメッセージ表彰式

「ふくしまからのメッセージ」コンクール表彰式で高橋社長から最優秀賞を受ける松原さん(中央)と(左から)藤田さん、安島さん

 「ふくしまからのメッセージ」コンクールの表彰式と「うつくしま復興大使」の委嘱状交付式は1日、福島市太田町の民報ビルで行われた。
 創刊120周年を迎えた福島民報社が「うつくしま復興 ともに」をスローガンに進める復興戦略事業の一環。県、県教委の後援。作文、詩など3173点の中から最優秀賞に選ばれた中学生部門の松原未有さん(14)=福島市、福島一中2年=、高校生部門の安島加奈美さん(18)=いわき市、湯本高3年=、一般部門の藤田浩志さん(33)=郡山市、農業=をはじめ優秀賞、入選の受賞者に福島民報社の高橋雅行社長、二瓶盛一専務が賞状と委嘱状を手渡した。
 高橋社長は「古里や家族、友人への思いの強さが感じられた。ロンドンや全国各地で本県の現状を伝えてほしい」とあいさつし、県の斎須秀行直轄理事が祝辞を述べた。審査員を務めたアクアマリンふくしま館長の安部義孝氏、作曲家の千住明氏、俳人の黛まどか氏が受賞者を激励。席上、黛氏が作詞、千住氏が作曲した「そして、春~福島から世界へ」が披露された。
 最優秀賞の3人はロンドン五輪が開かれる英国に23日から派遣され、世界にメッセージを発信する。優秀賞、入選の受賞者は8月から全国各地を訪れる。

カテゴリー:「ふくしまからのメッセージ」コンクール表彰式

「「ふくしまからのメッセージ」コンクール表彰式」の最新記事

>> 一覧

ふくしま復興大使・ふくしまからのメッセージの最新記事

>> 一覧