ふくしま復興大使・ふくしまからのメッセージ

  • Check

復興大使が物産展でPR 福島復興局訪れ課題学ぶ

福島民報別刷り特集を配るうつくしま復興大使=JR東京駅

 平成25年度「うつくしま復興大使」のうち、東京・有明埠頭で行われた千石船の復元船「みちのく丸」の歓迎式典に出席した5人は6日、JR東京駅で始まった「ふくしま物産展」に参加した後、福島市の復興庁福島復興局を訪れ、訪問日程を終えた。

 一行は根本高志君(14)=中島村、中島中2年=、玉川優希さん(14)=湯川村、湯川中2年=、五十嵐梓さん(14)=三島町、三島中3年=、柳沼大輝君(16)=本宮市、須賀川桐陽高2年=、笹山佳会(よしえ)さん(20)=大玉村、店員=。

 「ふくしま物産展」の会場では福島民報の復興大使別刷り特集を来場者に配り、福島の元気をアピールした。福島市の福島復興局では丸山淑夫局長から業務内容を学んだ。丸山局長は避難者や避難区域の現状、除染の取り組み、復興庁の役割などを説明。5人は避難区域での鳥獣被害対策や住民帰還までの課題などを質問していた。


■うつくしま復興大使千石船事業参加者 (敬称略)
根本 高志14 中島村、中島中2年
玉川 優希14 湯川村、湯川中2年
五十嵐 梓14 三島町、三島中3年
柳沼 大輝16 本宮市、 須賀川桐陽高2年
笹山 佳会20 大玉村、店員

カテゴリー:復興へ帆を張ろう 千石船―せんごくぶね― 東廻り航路文化交流

丸山局長(中央)から業務の説明を受ける(右手前から)根本君、柳沼君、笹山さん、(左手前から)五十嵐さん、玉川さん=福島復興局

「復興へ帆を張ろう 千石船―せんごくぶね― 東廻り航路文化交流」の最新記事

>> 一覧

ふくしま復興大使・ふくしまからのメッセージの最新記事

>> 一覧