ふくしま復興大使・ふくしまからのメッセージ

  • Check

復興大使 ロンドンしゃくなげ会員と交流 緊張や感激 振り返る

県人会のメンバーらに感謝した交流会

【英国・ロンドンでふくしま復興大使取材班】英国・ロンドンを訪れている福島民報社のふくしま復興大使は17日夜(日本時間18日未明)、在英県人会ロンドンしゃくなげ会の満山喜郎会長はじめ会員らと交流した。
 交流会はホーランド・パーク内の日本庭園「福島庭園」の3周年記念式典の準備などに協力した関係者に感謝しようと福島民報社が主催した。高橋雅行社長は「皆さんのおかげで記念式典を盛大に開催できた」と感謝。満山会長は「英国から福島の情報を発信する素晴らしい機会となった」と話し、乾杯した。
 復興大使の井出大雅(たいが)君(15)=富岡町、ふたば未来学園高1年=は「福島庭園での英語スピーチはとても緊張したが、たくさんの人に素晴らしかったと声を掛けられた」、山田郁美さん(16)=相馬市、相馬高2年=は「学校を訪問して生け花をやらせてもらった。英語をもっと勉強したいと思った」と活動を振り返った。2人は出席者に記念品を贈呈。満山会長から「絆」の文字の入ったシャツをプレゼントされた。
 復興大使のロンドン派遣には福島民報社の安斎康史本社報道部長、寺島晴美経理部副参事が同行している。

■リバプール見学
 復興大使は17日、リバプールを訪問し、アルバート・ドッグなどで海商都市として栄えた歴史を学んだ。18日はオックスフォード大で学生と交流し、ロンドンの活動を終える。

カテゴリー:うつくしま復興大使ロンドン派遣

アルバート・ドッグの歴史を学ぶ井出君(左)と山田さん

「うつくしま復興大使ロンドン派遣」の最新記事

>> 一覧

ふくしま復興大使・ふくしまからのメッセージの最新記事

>> 一覧