ふくしま復興大使・ふくしまからのメッセージ

  • Check

鈴木さん(ふくしま未来応援団)体験談 みちのくORI☆姫隊ボランティア 仙台で塾復興支援など学ぶ

復興支援について語る「ふくしま未来応援団」の鈴木さん(左)

 宮城県のアイドルグループ「みちのく仙台ORI☆姫隊」のメンバーらが福島県の復興を考える「ORI☆姫塾」は11日、仙台市で開かれた。福島民報社から「ふくしま未来応援団」に委嘱されたORI☆姫隊ボランティアメンバーの鈴木ゆりあさん(常盤木学園高1年)が県内を訪れ考えた支援の在り方などを発表した。
 未来応援団の活動などを手掛かりに、東日本大震災や東京電力福島第一原発事故からの復興に向けた支援、命の大切さを学ぶ勉強会。メンバーや一般参加者らが集い、ORI☆姫隊復興支援プロジェクトの村田淑恵代表が取り組みを説明した。
 鈴木さんは8月に来県し、仮設住宅や観光地などで感じた「福島の今」を報告。「風評被害がなくなるよう福島のおいしい食べ物のことなどを伝え、避難者の心のケアにも関わっていきたい」と語った。福島民報社復興戦略実行委員の渡部育夫地域交流室副部長が未来応援団の趣旨や活動経過などを伝えた。
 「偲(おも)いを紡ぐプロジェクト・∞」代表の小泉ひとみさん(相馬市)、地域の防災・減災活動に取り組む獣医の菅原康雄さん(仙台市)も命の大切さなどについて語った。

カテゴリー:ふくしま未来応援団

「ふくしま未来応援団」の最新記事

>> 一覧

ふくしま復興大使・ふくしまからのメッセージの最新記事

>> 一覧