ふくしま復興大使・ふくしまからのメッセージ

  • Check

民報の震災写真展示 川崎の長沢自治会 防災意識高める

川崎市で展示された「福島の記録」

 川崎市多摩区の長沢自治会は地元の自治会館で福島民報社の震災報道写真パネル「福島の記録」の展示会を開いた。
 自主防災訓練に合わせ、住民の防災意識を高める目的で企画。東日本大震災、東京電力福島第一原発事故発生後の本県の歩みを伝える写真パネルを2日間にわたり紹介した。
 自治会で防火・防災を担当する西窪勝副会長は「遠方から見に訪れた来場者もいるなど関心が高く、忘れがちな震災を思い起こすきっかけになった」と話していた。
   ◇  ◇
 福島民報社は公的機関・団体、企業などにパネルを無料で貸し出している。問い合わせは地域交流室 電話024(531)4145へ。

カテゴリー:写真パネル「福島の記録」

「写真パネル「福島の記録」」の最新記事

>> 一覧

ふくしま復興大使・ふくしまからのメッセージの最新記事

>> 一覧