ふくしま産業賞

ふくしま産業賞 ふくしま経済・産業・ものづくり賞 募集

募集内容

■目的
福島県内で「独自の光る技術」を持つ企業や「伝統を守り、地域性豊かなものづくり」を続ける人材などに、社会的な評価を与えることを目的とします。また、その活動の情報を発信する中で、新たな市場開拓につなげるなど、県内の企業活動・ものづくりを応援し、人材育成等を通して経済の活性化を図ります。
■表彰対象
福島県内に本社および主たる事業所、もしくは研究開発拠点などの施設がある企業、経営者であり、技術継承や人材育成などのソフト面での取り組み、農林水産業に関する6次化などをはじめとする、「ものづくり」を含めた幅広い活動も対象とします。これまでの応募企業・団体も対象とします。
■表彰基準
他社にない製品や技術力の独自性、最新技術を駆使した先進性を評価します。特に地元に重点を置き、農林水産物や観光など地域資源の積極的な活用についても対象とします。また、最新技術の開発など事業の直接的な成果、新ビジネスモデルの創出や、それらが生む地域社会の活性化などの波及効果についても重視します。選考には一次審査と本審査があり、一次審査は主催、共催団体で構成する専門委員会、本審査は県内外の経済人、学識経験者らでつくる選考委員会で協議し総合的に判断します。
■表彰
応募の中から金賞、銀賞、特別賞を選び、金賞の中から最高賞の福島県知事賞、優秀に福島民報社賞を授与します。12月の選考委員会で各賞を決定し、表彰式は平成31年2月を予定しています。
■選考方法
主催者および共催各団体(下記参照)と有識者で組織する専門委員会が一次選考を行い、選考委員会による最終選考で各賞を決定します。
■応募資格 [これまでの受賞企業・団体も応募可]
日本標準産業中分類(平成25年10月改定版)に基づく業種一般と特定非営利活動法人(NPO)。ただし、中分類の政治、文化団体、宗教を除きます。
■応募方法
原則として共催各団体に推薦願を申し出、その推薦をもって応募となります。なお、所属する団体がない場合は、主催の福島民報社への直接応募も可能です。応募書類は福島民報社のホームページからダウンロードください。 http://www.minpo.jp/
■応募期間

2018 7/1(日)~8/31(金)までとなります。

■応募書類 ダウンロード

学生奨励賞を創設

■表彰対象
 県内の大学、高専、短大、高校、専門学校等の学生による活動(グループをはじめ個人による活動も含む)。
■表彰分野
 福島県の産業発展・産業創造、地域づくりにつながる商品開発・流通・販売、ものづくり、イベント、情報、サービス関連の研究開発など幅広い分野。
■表彰基準
 地域資源の活用、震災・津波・原発事故からの復興への貢献、地元企業・住民との連携、他地域との交流促進などを総合的に判断します。
 ※審査方法、応募方法は一般部門と同じ。団体の推薦は必要なし。
■応募書類 ダウンロード

応募先

  • 郵送の宛先
    〒960-8602 福島市太田町13-17
    福島民報社事業局「ふくしま産業賞」係
  • メールの宛先

お問い合わせ

 福島民報社事業局「ふくしま産業賞」係 TEL 024-531-4171(平日9時~17時)

  • 主催 福島民報社
  • 共催 福島県/福島県商工会議所連合会/福島県商工会連合会/福島県中小企業団体中央会/福島経済同友会/福島県経営者協会連合会/福島県中小企業家同友会/JAグループ福島/福島県森林組合連合会/福島県森林・林業・緑化協会/福島県木材協同組合連合会/福島県漁連
  • 後援 東北経済産業局/復興庁福島復興局/中小企業基盤整備機構東北本部/アカデミア・コンソーシアムふくしま/福島県市長会/福島県町村会

【特別賞】ホームベーカリーコビヤマ(会津若松) 会津の食材使い商品

こだわりのパンを作り続ける従業員ら
 天然酵母を使った無添加のパンを作り続けている。店頭には昔懐かしい惣菜パンや現在流行の外側がバリバリと硬い食感のハード系パンなど約100種類が並んでいる。  2011(平成23)年の東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の影響による風評払拭(ふっしょ...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第3回)

【特別賞】白亜館(会津若松) 菓子に「化学」生かす

一つ一つ丁寧に「会津山塩のシュークリーム」を作る従業員
 欧風伝統洋菓子などを製造・販売している。原材料の化学的特性を踏まえた冷凍技術で、出来たてのおいしさを全国に届けている。  佐原智恵オーナーシェフ(64)は以前、同じ店名のカフェを営んでいたが、2003(平成15)年から2年間、店の卸元だった菓子総合...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第3回)

【特別賞】荒川産業(喜多方) 再生資源価値高める

従業員と資源の加工について話す荒川社長(右)
 スクラップした金属、古紙など各種再生資源の回収、加工、販売や廃棄物処理などを行い、地域で発生する有形無形の資源の価値を高めている。  創業当初から時代の変化に合わせて事業内容を変えてきた。2004(平成16)年に古新聞、段ボール、空き缶などの資源ご...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第3回)

【特別賞】HARIOランプワークファクトリー小高(南相馬) ガラス工芸雇用の場

 ガラスアクセサリーを作る職人
 南相馬市小高区のガラスアクセサリー工房兼ギャラリーショップを活動拠点にしている。ガスバーナーの炎を使った「ランプワーク」という作業を外から見学できる。職人は6人全員が女性だ。  和田智行代表(41)が、若者が働きたくなる魅力的な職場をつくろうと考え...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第3回)

【特別賞】磐栄ホールディングス(いわき) 体制再構築 多角化も

植物工場で栽培したフリルレタスの収穫作業に励む従業員
 東日本大震災のような大規模災害が起きても物資の運搬体制を維持しようと、いわき市の磐栄運送が母体となって県内外の運送業者などの株取得を進め、磐栄ホールディングス(HD)を設立した。HDの子・孫会社は25社、グループ全体の車両保有台数は約1100台を数...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第3回)

【特別賞】ももがある(福島) 完熟モモでスイーツ

モモのおいしさを発信する斎藤代表(右から2人目)ら
 規格外の県産モモを活用したスイーツを開発し、福島市田沢の店舗で販売している。デリケートなモモは出荷基準が厳しく、完熟してしまっては出荷できない。「完熟したモモが一番おいしいのに、もったいない」という思いから、2016(平成28)年に創業した。  モ...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第3回)

【特別賞】福島ガイナックス(三春) アニメ文化浸透に力

アニメーションの原画を作成するアニメーター
 東日本大震災後に廃校となった三春町の旧桜中に2015(平成27)年、日本初のアニメミュージアム「空想とアートのミュージアム 福島さくら遊学舎」をオープンした。アニメ制作や企画を通し、県民になじみの薄かったアニメ文化の浸透を目指している。  県が震災...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第3回)

【特別賞】フルーツファームいとう園(福島) 高級干しぶどう開発

干しぶどうを丁寧に化粧箱に詰める伊藤社長
 モモやリンゴ、ブドウを栽培している。東京電力福島第一原発事故の影響で果物の市場価格が低下し、総売り上げは最大で4割減った。状況を打開しようと、県中小企業団体中央会の助言を受け、果樹園で育てた巨峰やシャインマスカットなど贈答用ブドウを使った高級干しぶ...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第3回)

【特別賞】NPO法人 みなみあいづ森林ネットワーク(南会津)  資源生かし林業再興

 南会津産木材の活用を進める室井代表(右から2人目)ら
 南会津町でかつて盛んだった林業を地域づくりにつなげようと、林業関連の20社が中心となり設立した。製材所や建築業者、森林組合などで構成している。町の面積の9割以上を占める豊富な森林資源を生かし、山を守り、林業を再び地域の基幹産業にするため取り組んでい...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第3回)

【特別賞】羽田工業所(郡山) 高い技術で大型製品

社員とともに大型タンクの前に立つ黒田社長(左から3人目)
 乾燥機やタンク、コンベヤーなど幅広く製造している。県内で数少ない10トンクレーンを2基完備している点を強みに重量製缶や大型鋼構造物を手掛けている。  東京電力福島第一原発事故後、風評の影響で県外からの発注が取りやめになるなど苦しい時期があった。大型...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第3回)

写真で見る最近の記事

最近の記事

カテゴリー別の記事一覧

晴れの受賞社・団体(第3回)

>> 一覧

晴れの受賞社・団体(第2回)

>> 一覧

晴れの受賞社・団体(第1回)

>> 一覧

関連記事

>> 一覧