ふくしま産業賞

ふくしま産業賞 ふくしま経済・産業・ものづくり賞 募集

募集内容

■目的
福島県内で「独自の光る技術」を持つ企業や「伝統を守り、地域性豊かなものづくり」を続ける人材などに、社会的な評価を与えることを目的とします。また、その活動の情報を発信する中で、新たな市場開拓につなげるなど、県内の企業活動・ものづくりを応援し、人材育成等を通して経済の活性化を図ります。
■表彰対象
福島県内に本社および主たる事業所、もしくは研究開発拠点などの施設がある企業、経営者であり、技術継承や人材育成などのソフト面での取り組み、農林水産業に関する6次化などをはじめとする、「ものづくり」を含めた幅広い活動も対象とします。これまでの応募企業・団体も対象とします。
■表彰基準
他社にない製品や技術力の独自性、最新技術を駆使した先進性を評価します。特に地元に重点を置き、農林水産物や観光など地域資源の積極的な活用についても対象とします。また、最新技術の開発など事業の直接的な成果、新ビジネスモデルの創出や、それらが生む地域社会の活性化などの波及効果についても重視します。選考には一次審査と本審査があり、一次審査は主催、共催団体で構成する専門委員会、本審査は県内外の経済人、学識経験者らでつくる選考委員会で協議し総合的に判断します。
■表彰
応募の中から金賞、銀賞、特別賞を選び、金賞の中から最高賞の福島県知事賞、優秀に福島民報社賞を授与します。12月の選考委員会で各賞を決定し、表彰式は平成31年2月を予定しています。
■選考方法
主催者および共催各団体(下記参照)と有識者で組織する専門委員会が一次選考を行い、選考委員会による最終選考で各賞を決定します。
■応募資格 [これまでの受賞企業・団体も応募可]
日本標準産業中分類(平成25年10月改定版)に基づく業種一般と特定非営利活動法人(NPO)。ただし、中分類の政治、文化団体、宗教を除きます。
■応募方法
原則として共催各団体に推薦願を申し出、その推薦をもって応募となります。なお、所属する団体がない場合は、主催の福島民報社への直接応募も可能です。応募書類は福島民報社のホームページからダウンロードください。 http://www.minpo.jp/
■応募期間

2018 7/1(日)~8/31(金)までとなります。

■応募書類 ダウンロード

学生奨励賞を創設

■表彰対象
 県内の大学、高専、短大、高校、専門学校等の学生による活動(グループをはじめ個人による活動も含む)。
■表彰分野
 福島県の産業発展・産業創造、地域づくりにつながる商品開発・流通・販売、ものづくり、イベント、情報、サービス関連の研究開発など幅広い分野。
■表彰基準
 地域資源の活用、震災・津波・原発事故からの復興への貢献、地元企業・住民との連携、他地域との交流促進などを総合的に判断します。
 ※審査方法、応募方法は一般部門と同じ。団体の推薦は必要なし。
■応募書類 ダウンロード

応募先

  • 郵送の宛先
    〒960-8602 福島市太田町13-17
    福島民報社事業局「ふくしま産業賞」係
  • メールの宛先

お問い合わせ

 福島民報社事業局「ふくしま産業賞」係 TEL 024-531-4171(平日9時~17時)

  • 主催 福島民報社
  • 共催 福島県/福島県商工会議所連合会/福島県商工会連合会/福島県中小企業団体中央会/福島経済同友会/福島県経営者協会連合会/福島県中小企業家同友会/JAグループ福島/福島県森林組合連合会/福島県森林・林業・緑化協会/福島県木材協同組合連合会/福島県漁連
  • 後援 東北経済産業局/復興庁福島復興局/中小企業基盤整備機構東北本部/アカデミア・コンソーシアムふくしま/福島県市長会/福島県町村会

大七酒造(二本松)知事賞 第1回ふくしま産業賞

 県内の優れた企業や経営者、ものづくりをたたえる福島民報社の「第1回ふくしま経済・産業・ものづくり賞」(略称・ふくしま産業賞)の受賞企業・団体が決まった。最高賞の知事賞に二本松市の大七酒造が選ばれた。福島民報社賞は郡山市の栄楽館ホテル華の湯、福島民報社奨励賞はいわき市の磐城高箸(たかはし)が受賞した。3社が金賞、6社・団体が銀賞、13社・団体が特別賞を受けた。
 ふくしま産業賞は過疎や少子高齢化、都市部への人口の偏在が進む中、県内の豊富な資源や高い技術力を活用して産業や雇用の創出、伝統工芸の発展など県内の活力を高める業績や活動を顕彰するため、県や県内の各種団体などと協力し創設した。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故から丸5年が経過する県内の復興を加速させる狙いもある。
 ものづくりなどの製造業や6次化を含む農林水産業など幅広い分野から89社・団体の応募があった。福島大経済経営学類教授の西川和明氏を座長とする専門委員会で受賞企業・団体を絞り込んだ。最終審査の選考委員会では元旭化成社長の蛭田史郎氏(いわき市出身)ら6人の委員が知事賞などを決めた。
 知事賞の大七酒造(太田英晴社長)は日本酒の伝統的醸造法である「生●(きもと)造り」を踏襲しながら、海外で県産酒の知名度を高め、販路を拡大している積極的な販売姿勢が高く評価された。
 福島民報社賞の栄楽館ホテル華の湯(菅野豊社長)は温泉地の復興に尽くし、県内の旅館として初の企業内保育園を設けて女性の働きやすい職場づくりに努めるなど地域企業の新たな方向性を示した。
 福島民報社奨励賞の磐城高箸(高橋正行社長)は地元いわき市の間伐材を活用した割り箸製造に取り組んでいるほか、被災3県の間伐材を使った三膳セット「希望のかけ箸」を考案、復興に大きく貢献している。

※●は「配」の「己」が「元」

■来月19日、福島で表彰式 25社・団体たたえる
 表彰式は2月19日午後1時15分から福島市の民報ビルで行われる。
 当日は3部構成で、1部の表彰式では内堀雅雄知事から大七酒造に知事賞、高橋雅行福島民報社社長から栄楽館ホテル華の湯に福島民報社賞、磐城高箸に福島民報社奨励賞が贈られるなど、受賞した全25社・団体の栄誉をたたえる。
 2部では選考委員を務める東京農大名誉教授の小泉武夫氏(小野町出身)、創成国際特許事務所長の佐藤辰彦氏(福島市出身)がふくしま産業賞の意義や発展性などについて専門の立場から記念講話をする。
 3部では受賞企業・団体と関係者の交流会を開く。情報交換や販路開拓の場とする。
 1部の式典、2部の特別講話は県民が参加できる。受賞企業・団体の取り組みが分かる商品やパネルの展示もある。定員200人で入場無料。
 問い合わせは福島民報社企画推進部 電話024(531)4161へ。

カテゴリー:関連記事

「関連記事」の最新記事

>> 一覧

ふくしま産業賞の最新記事

>> 一覧