ふくしま産業賞

金賞3社 歓喜の輪

 ・青木商店
 ・コンド電機
 ・アポロガス

 金賞に輝いた青木商店(郡山市)、コンド電機(浅川町)、アポロガス(福島市)でも歓喜の輪が広がった。
 果物のジュースやタルト店などを全国展開している青木商店は、果物のおいしさや健康効果を一人でも多くの消費者に届ける「フルーツ文化創造企業」を経営理念に掲げる。
 会長兼社長の青木信博さん(68)は「県民の元気につながっていると認めていただいたのだと受け止める。引き続き理念実現に努める」と語った。
 雷が発生した場合に異常電圧や電流から家電製品などを守る電子部品を製造しているコンド電機社長の近藤善一さん(69)は「地域の若者が働く場所をつくっていくのが自分の使命だと思っている。これからも継続していく」と前進を約束した。
 アポロガス社長の篠木雄司さん(53)はふくしま産業賞の応募書類作成を担当した新入社員の頑張りをたたえながら、「人づくりが地域への最大の貢献。エネルギーの供給はもちろん、周囲の人に元気を与えられる企業を目指す」と気持ちを新たにしていた。

カテゴリー:関連記事

「関連記事」の最新記事

>> 一覧

ふくしま産業賞の最新記事

>> 一覧