ふくしま産業賞特集

晴れの受賞社・団体(23) 特別賞・及川造船所(いわき) 被災者の復興後押し

造船を通じた復興の後押しを誓う及川社長

 船舶の建造や修理、繊維強化プラスチック(FRP)製品の製造加工などを手掛けている。平成25年に及川和英社長(44)が父の初夫会長(69)の後を継いだ。
 工場はいわき市の久之浜漁港そばに立地している。東日本大震災の津波被害を受け、建物の屋根と柱を残して工具や船などが流された。東京電力福島第一原発事故の影響で一時、千葉県船橋市に避難した。工場を閉じるつもりでいたが、船を失った取引先から再開を望む声を受け、半年後に久之浜へ戻った。
 震災後、新しい船舶の建造や修理の依頼が各地から寄せられ、仕事は多忙を極めた。いわきの雇用創出として設立以来、初めて地元高校出身の新卒者2人を採用した。2人とも船舶建造の経験はなかったが、和英社長らが教えながら経験を積んでいる。
 観光資源の創出にも携わっている。「洋上風力発電を実際に見てみたい」という住民の要望を受け、久之浜商工会女性部と共に釣り船を利用し洋上風力発電が見学できるツアーを企画して好評だった。要望があれば運航を検討する。
 和英社長は「取引先の応援があって再開できた。同じく被災しながら業務を再開しようとする人の後押しをしたい」と誓っている。

■メモ
▽創  業=昭和45年
▽社  長=及川和英
▽従業員数=8人
▽住  所=いわき市久之浜町久之浜字館ノ山7
▽電話番号=0246(82)3807

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第1回)

「晴れの受賞社・団体(第1回)」の最新記事

>> 一覧

ふくしま産業賞特集の最新記事

>> 一覧