ふくしま産業賞特集

【特別賞】ワンダーファーム(いわき) 農業と食の体験施設

トマトの生育状況を見回る元木社長

 「五感を耕す。農と食の体験ファーム」をキャッチフレーズに農業と食の体験型複合施設を昨年2月にオープンさせた。農産物の生産、加工、販売を一貫して展開。さらにトマトの収穫など農業体験ができる環境を整え、地産地消、6次産業化、観光の推進などにつなげている。
 施設内にはレストラン「森のキッチン」、直売所「森のマルシェ」、加工工場「森のあぐり工房」がある。レストランでは地元産野菜をふんだんに使ったパスタやピザを提供している。直売所では地元農家が作った新鮮な野菜が並んでいる。トマトジュースやソース、ジャムなどの加工品をはじめ、トマトソフトクリームやスイーツも人気だ。加工工場で加工品を製造しており、見学が可能だ。
 元木寛社長(40)は「食事、買い物ができるだけの施設ではなく、農業体験をしたり自然の中でゆっくりとした時間を過ごしたり憩いの場にしていきたい」と力を込める。
 元木社長はトマト生産施設「JRとまとランドいわきファーム」の社長も務める。いわき産のトマトを使ったハンバーガーやサラダ、飲み物などの新メニューを首都圏で本格販売する取り組みにも乗り出した。「ワンダーファームを地元に愛される施設にするとともに、いわきのおいしい野菜を首都圏に供給していきたい」と誓っている。

■メモ
▽設  立=平成25年4月
▽社  長=元木寛
▽従業員数=50人
▽住  所=いわき市四倉町中島字広町1
▽電話番号=0246(38)8851

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第2回)

「晴れの受賞社・団体(第2回)」の最新記事

>> 一覧

ふくしま産業賞特集の最新記事

>> 一覧