ふくしま産業賞特集

ふくしま産業賞 ふくしま経済・産業・ものづくり賞 募集

日本一の県土づくり。ふくしまの 光る技 磨き 育てる

募集内容

■目的
福島県内で「独自の光る技術」を持つ企業や「伝統を守り、地域性豊かなものづくり」を続ける人材などに、社会的な評価を与えることを目的とします。また、その活動の情報を発信する中で、新たな市場開拓につなげるなど、県内の企業活動・ものづくりを応援し、人材育成等を通して経済の活性化を図ります。
■応募対象
福島県内に本社および主たる事業所、もしくは研究開発拠点などの施設がある企業、経営者であり、技術継承や人材育成などのソフト面での取り組み、農林水産業に関する6次化などをはじめとする、「ものづくり」を含めた幅広い活動も対象とします。過去に応募または受賞した企業・団体も対象とします。内容を変えて申請してください。
■表彰基準
他社にない製品や技術力の独自性、最新技術を駆使した先進性を評価します。特に地元に重点を置き、農林水産物や観光など地域資源の積極的な活用についても対象とします。また、最新技術の開発など事業の直接的な成果、新ビジネスモデルの創出や、それらが生む地域社会の活性化などの波及効果についても重視します。選考には一次審査と本審査があり、一次審査は主催、共催団体で構成する専門委員会、本審査は県内外の経済人、学識経験者らでつくる選考委員会で協議し総合的に判断します。
■表彰
応募の中から金賞、銀賞、特別賞を選び、上位の中から最高賞の福島県知事賞、優秀に福島民報社賞、福島民報社奨励賞を授与します。12月の選考委員会で各賞を決定し、表彰式は平成30年2月を予定しています。
■選考方法
主催者および共催各団体(下記参照)と有識者で組織する専門委員会が一次選考を行い、選考委員会による最終選考で各賞を決定します。
■応募資格 [第1回、第2回の応募または受賞企業・団体も応募可]
日本標準産業中分類(平成25年10月改定版)に基づく業種一般と特定非営利活動法人(NPO)。ただし、中分類の政治、文化団体、宗教を除きます。
■応募方法
原則として共催各団体に推薦願を申し出、その推薦をもって応募となります。主催の福島民報社への直接応募も可能です。応募書類は下記からダウンロード下さい。送り先はメールアドレス sangyo@fukushima-minpo.co.jp
■応募期間

2017 7/1(土)~8/31(木)までとなります。

お問い合わせ

 福島民報社事業局「ふくしま産業賞」係 TEL 024-531-4171(平日9時~17時)

  • 主催 福島民報社
  • 共催 福島県/福島県商工会議所連合会/福島県商工会連合会/福島県中小企業団体中央会/福島経済同友会/福島県経営者協会連合会/福島県中小企業家同友会/JAグループ福島/福島県森林組合連合会/福島県森林・林業・緑化協会/福島県木材協同組合連合会/福島県漁業協同組合連合会
  • 後援 東北経済産業局/復興庁福島復興局/中小企業基盤整備機構東北本部/福島県市長会/福島県町村会

【特別賞】川俣町農業振興公社(川俣) 肉質改良し販路拡大

生産工場で川俣シャモを加工する従業員

 川俣町の地鶏「川俣シャモ」による地域おこしと農業振興を目的に設立された。当初はPRに苦労したが、平成12年に品種の掛け合わせを変えて肉質の改良に成功し、販路を広げた。厚みのある胸肉、もも肉などを県内外の飲食店や大手百貨店などに卸している。ご飯のもとやレトルトカレーの加工品も売れ筋だ。
 東京電力福島第一原発事故に伴う風評で23年の売り上げは前年比で約3割落ちた。首都圏での商談会や取引先の個別訪問などで地道に安全性をアピールした。26年度の売り上げは過去最高の約3億4千万円となった。「川俣シャモファーム」と農家13軒による飼育から加工・販売までの一貫した管理体制で収益を上げている。
 川俣シャモの魅力を広めようと15年から「川俣シャモまつり」を始めた。焼き鳥や親子丼の出店が人気を集め、世界一長い丸焼きを作る名物企画で盛り上がる。運営する道の駅川俣・銘品館シルクピアではシャモなど地元商品の販売にこだわっている。
 7月に設立30周年を迎える。笠間英夫社長(62)は「出荷量を増やし、飼育農家の所得を向上させる。シャモを通した交流人口の増加にも努めたい」と目標を語る。

■メモ
▽設  立=昭和62年7月
▽社  長=笠間英夫
▽従業員数=33人
▽住  所=川俣町小綱木字泡吹地8
▽電話番号=024(566)5860

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第2回)

「晴れの受賞社・団体(第2回)」の最新記事

>> 一覧

ふくしま産業賞特集の最新記事

>> 一覧