ふくしま産業賞

【特別賞】羽田工業所(郡山) 高い技術で大型製品

社員とともに大型タンクの前に立つ黒田社長(左から3人目)

 乾燥機やタンク、コンベヤーなど幅広く製造している。県内で数少ない10トンクレーンを2基完備している点を強みに重量製缶や大型鋼構造物を手掛けている。

 東京電力福島第一原発事故後、風評の影響で県外からの発注が取りやめになるなど苦しい時期があった。大型製品を造られるという「羽田らしさ」をPRし続けた結果、現在は県外の顧客も大幅に増えてきた。

 国見町の県北浄化センターの撹拌(かくはん)ロータリー乾燥機、ダクト、架台を製作し、据え付けまで担った。原発事故による放射性物質が含まれた下水汚泥を減らすための施設で、福島復興の一翼を担った。

 第2工場をステンレス専用とし、鉄の製造と完全分離化。ステンレスの「もらい錆(さび)」を防ぎ、良好な環境を確保している。「きれい、快適、高品質」を「羽田の3K」として掲げる。

 人材育成にも力を入れる。社員は男女問わずボイラー溶接士、溶接管理技術者など各種資格取得に取り組んでいる。先輩社員や外部講師が指導する。総務部門も準備に協力するなど社全体で受験を支え、高い技術力の継承に努めている。

 黒田美和子社長(65)は「他の企業との差別化を進めていく。知恵を出し、新しいものづくりに挑戦していきたい」とさらなる高みを見据えている。


■メモ
▽創  業=1956(昭和31)年10月
▽社  長=黒田美和子
▽従業員数=22人
▽住  所=郡山市田村町金屋字下タ川原167の14
▽電話番号=024(944)1238

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第3回)

「晴れの受賞社・団体(第3回)」の最新記事

>> 一覧

ふくしま産業賞の最新記事

>> 一覧