ふくしま産業賞

【特別賞】HARIOランプワークファクトリー小高(南相馬) ガラス工芸雇用の場

ガラスアクセサリーを作る職人

 南相馬市小高区のガラスアクセサリー工房兼ギャラリーショップを活動拠点にしている。ガスバーナーの炎を使った「ランプワーク」という作業を外から見学できる。職人は6人全員が女性だ。

 和田智行代表(41)が、若者が働きたくなる魅力的な職場をつくろうと考えた。2015(平成27)年8月、老舗ガラスメーカーHARIO社のガラスアクセサリーブランド「HARIOランプワークファクトリー」とライセンス契約を締結し開店した。

 小高区は2016年7月に東京電力福島第一原発事故による避難指示が帰還困難区域を除き解除された。女性が集まっておしゃれなものづくりをする光景が明るい雰囲気をつくり、小高の復興を後押ししている。

 職人の多くは子育ての真っ最中。作業ができるよう、子どもが遊んで過ごせるスペースを設けた。店内にはイヤリングにもできるピアスやネックレスなど、多様な種類や形の品が並ぶ。客は女性だけでなく、妻の誕生日プレゼントとして買い求める男性も訪れる。

 和田代表は「受賞を機に認知度が上がり、来店者が増えて小高に一層、人が出入りするようになればうれしい」と笑顔を見せている。


■メモ
▽創  業=2015(平成27)年
▽代  表=和田 智行
▽従業員数=7人
▽住  所=南相馬市小高区東町一丁目1
▽電話番号=0244(26)4525

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第3回)

「晴れの受賞社・団体(第3回)」の最新記事

>> 一覧

ふくしま産業賞の最新記事

>> 一覧