ふくしま産業賞

「晴れの受賞社・団体(第3回)」アーカイブ

ふくしま産業賞 ふくしま経済・産業・ものづくり賞 募集

募集内容

■目的
福島県内で「独自の光る技術」を持つ企業や「伝統を守り、地域性豊かなものづくり」を続ける人材などに、社会的な評価を与えることを目的とします。また、その活動の情報を発信する中で、新たな市場開拓につなげるなど、県内の企業活動・ものづくりを応援し、人材育成等を通して経済の活性化を図ります。
■表彰対象
福島県内に本社および主たる事業所、もしくは研究開発拠点などの施設がある企業、経営者であり、技術継承や人材育成などのソフト面での取り組み、農林水産業に関する6次化などをはじめとする、「ものづくり」を含めた幅広い活動も対象とします。これまでの応募企業・団体も対象とします。
■表彰基準
他社にない製品や技術力の独自性、最新技術を駆使した先進性を評価します。特に地元に重点を置き、農林水産物や観光など地域資源の積極的な活用についても対象とします。また、最新技術の開発など事業の直接的な成果、新ビジネスモデルの創出や、それらが生む地域社会の活性化などの波及効果についても重視します。選考には一次審査と本審査があり、一次審査は主催、共催団体で構成する専門委員会、本審査は県内外の経済人、学識経験者らでつくる選考委員会で協議し総合的に判断します。
■表彰
応募の中から金賞、銀賞、特別賞を選び、金賞の中から最高賞の福島県知事賞、優秀に福島民報社賞を授与します。12月の選考委員会で各賞を決定し、表彰式は平成31年2月を予定しています。
■選考方法
主催者および共催各団体(下記参照)と有識者で組織する専門委員会が一次選考を行い、選考委員会による最終選考で各賞を決定します。
■応募資格 [これまでの受賞企業・団体も応募可]
日本標準産業中分類(平成25年10月改定版)に基づく業種一般と特定非営利活動法人(NPO)。ただし、中分類の政治、文化団体、宗教を除きます。
■応募方法
原則として共催各団体に推薦願を申し出、その推薦をもって応募となります。なお、所属する団体がない場合は、主催の福島民報社への直接応募も可能です。応募書類は福島民報社のホームページからダウンロードください。 http://www.minpo.jp/
■応募期間

2018 7/1(日)~8/31(金)までとなります。

■応募書類 ダウンロード

学生奨励賞を創設

■表彰対象
 県内の大学、高専、短大、高校、専門学校等の学生による活動(グループをはじめ個人による活動も含む)。
■表彰分野
 福島県の産業発展・産業創造、地域づくりにつながる商品開発・流通・販売、ものづくり、イベント、情報、サービス関連の研究開発など幅広い分野。
■表彰基準
 地域資源の活用、震災・津波・原発事故からの復興への貢献、地元企業・住民との連携、他地域との交流促進などを総合的に判断します。
 ※審査方法、応募方法は一般部門と同じ。団体の推薦は必要なし。
■応募書類 ダウンロード

応募先

  • 郵送の宛先
    〒960-8602 福島市太田町13-17
    福島民報社事業局「ふくしま産業賞」係
  • メールの宛先

お問い合わせ

 福島民報社事業局「ふくしま産業賞」係 TEL 024-531-4171(平日9時~17時)

  • 主催 福島民報社
  • 共催 福島県/福島県商工会議所連合会/福島県商工会連合会/福島県中小企業団体中央会/福島経済同友会/福島県経営者協会連合会/福島県中小企業家同友会/JAグループ福島/福島県森林組合連合会/福島県森林・林業・緑化協会/福島県木材協同組合連合会/福島県漁連
  • 後援 東北経済産業局/復興庁福島復興局/中小企業基盤整備機構東北本部/アカデミア・コンソーシアムふくしま/福島県市長会/福島県町村会

【特別賞】いわき信用組合(いわき) 産業創出で地域振興

地元企業の販路開拓を後押ししようと開催しているビジネスマッチング交流会
 2015(平成27)年10月に「磐城国(いわきのくに)地域振興ファンド」、昨年1月には県外8信用組合とともに「信用組合共同農業未来ファンド」を設立するなどし、新たな産業創出を通じた地域振興に力を注いでいる。  営業方針に「地域とそこで暮らす人たちす...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第3回)

【特別賞】東日本計算センター(いわき) 地域のICT支える

ドローンの研究・開発に取り組む社員
 地域社会のICT(情報通信技術)を支えるプロフェッショナル集団となることを目標に、システムエンジニアやセキュリティコンサルティングなどのサービスに取り組んでいる。  中でも会津大と連携したドローン開発の標準化、共通化に力を入れている。会津大が東日本...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第3回)

【特別賞】NPO法人素材広場(会津若松) 地元の食で もてなす

地元食材を使った料理を提案する横田理事長(左)
 来県者を「福島らしさ」でおもてなしするため、地産地消に取り組む宿や飲食店などと連携し、地元素材を使った企画を展開している。  県産農畜産物の動向を把握するため、生産者からの情報収集に力を入れる。そこで得た新商品や特売などの情報を宿に伝え、取引へとつ...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第3回)

【特別賞】カミノ製作所(川俣) 納豆作りで風評払拭

 自動化された機械で納豆をパックに詰める社員
 東京電力福島第一原発事故に伴う避難指示が解除された川俣町山木屋で、県産大豆などを使った納豆を製造・販売し、風評の払拭(ふっしょく)を目指している。  原発事故を受けて自動車部品製造部門を福島市に移したが、山木屋での納豆製造は中断に追い込まれた。安全...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第3回)

【特別賞】エナジア(郡山) 再生エネで災害対応

再生可能エネルギーを組み合わせた熱電供給システムを提案する白石社長
 地中熱、太陽熱、木質バイオマスなどの再生可能エネルギーを組み合わせ、地域特性に合わせたエネルギー供給システムを提案している。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故を受け、大規模緊急災害にも対応できる小規模自立分散型の熱電供給システムを導入する際の調...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第3回)

【特別賞】いととんぼ(南相馬) 安全配慮の食を提供

地場産品を店内に並べる田中京子さん
 南相馬市原町区で農産物直売所を営む。市内産の季節の野菜や浪江町産の花などを販売し、東京電力福島第一原発事故による風評払拭(ふっしょく)を目指している。店内の食堂では地元住民らが交流を深めている。  直売所は2004(平成16)年8月、原町区江井地区...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第3回)

【特別賞】やない製麺(福島) 真心込めて手延べ麺

丁寧に麺を手延べする社員
 手延べ麺の製造・販売に取り組んでいる。大量生産が主流だった1977(昭和52)年に、他社と差別化を図るため手延べの麺作りを復活させた。質の高い商品が求められるようになってきた時代に、県内で手延べ麺を製造する企業はなかったという。  手延べ麺は生地を...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第3回)

【特別賞】セイユー建設(相馬) 本格的音楽ホール運営

音楽文化の発信を誓う青田社長(右から3人目)やホールスタッフ
 相馬市内初の本格的音楽ホールとして2016(平成28)年5月に「音屋(おとや)ホール」をオープンさせた。以来、有名アーティストや芸能人らを迎えたコンサートやライブ、寄席などを定期的に開催しており、イベント回数は50回近くとなった。  音楽を通じ復興...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第3回)

【特別賞】耐南商事(会津若松) 介護美容ケア普及に力

高齢者の足のマッサージをする従業員
 美容院やエステティックサロンの経営をはじめ、高齢化社会を見据えた介護美容ケア事業を展開している。高齢者を対象とした「清潔ケア」として手足のマッサージや爪のケアなどを行い、筋肉疲労や血行不良の改善を図る。爪を正しく切ることで歩きやすくなるという。  ...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第3回)

【特別賞】三義漆器店(会津若松) 伝統と先進の技で漆器

開発した「しつけ椀」を手に取る従業員ら
 伝統の会津塗の技術を生かし、現代の生活スタイルに合わせた独自性と先進性のある製品づくりを展開する。  子どもにお椀(わん)の正しい持ち方を身に付けさせる「しつけ椀」を開発した。お椀のふちに親指を置くスポットを付け、底にある高台は他の指が添えられるよ...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第3回)

【特別賞】NPO法人チームふくしま(福島) ヒマワリと笑顔届ける

ヒマワリの種をポットに植えるプロジェクトの参加者
 ヒマワリの種を全国に販売して咲かせてもらい、採れた種を送り返してもらって県内で育てる「福島ひまわり里親プロジェクト」を展開している。復興に歩む本県と全国との絆づくり、観光振興などに貢献している。福祉作業所が県内で採れた種から油を搾り、バイオ燃料を製...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第3回)

【銀賞】山川印刷所(福島) 企画提案、企業後押し

地域密着の総合印刷会社として、県内企業の活性化を誓う立花社長
 地域密着の総合印刷会社として創業し、80周年を迎えた。企画提案からデザイン、印刷製本、配送までを一手に担う充実したサービスを展開する。官公庁や民間企業など幅広い業種から依頼が舞い込む。時代の変化に合わせ、ウェブページや動画製作をしているのも特徴だ。...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第3回)

【銀賞】クリフ(福島) 女性の力で人材育成

世界に羽ばたく人材教育に努める石山社長(右)
 県や市などからの委託事業を多く担い、学童保育所の運営や多言語翻訳、企業研修など業務は多岐にわたる。  人と人とのコミュニケーションを通じ、福島から世界に羽ばたく人材をつくる企業というコンセプトで2008(平成20)年2月に設立し、来年で10周年を迎...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第3回)

【銀賞】仲田種苗園(石川町) 里山の風情 首都圏へ

ブータンの研修生と一緒に野の花マットなどを作る従業員
 一枚で十種類の山野草を寄せ植えした植生マット「野の花マット」を製造している。季節ごとに種類を変えることもでき、マットを敷き詰めるだけで古里の里山を再現できると好評だ。首都圏を中心に販売している。  マットは横34センチ、縦46センチ、厚さ4センチ。...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第3回)

【銀賞】太郎庵(会津坂下) 会津に根差す菓子を

お菓子でぬくもりと幸せを届けたいと話す目黒社長(左)
 「お菓子で描く会津の風土」を掲げ、会津に根差した商品製造・販売をしている。会社のシンボルマークのランプは人々の足元を照らし、ぬくもりを与える象徴。ランプの光のように、人の心にぬくもりと幸せを与えるお菓子づくりを目指している。  看板商品「会津の天神...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第3回)