ふくしま産業賞特集

「晴れの受賞社・団体(第1回)」アーカイブ

ふくしま産業賞 ふくしま経済・産業・ものづくり賞 募集

日本一の県土づくり。ふくしまの 光る技 磨き 育てる

募集内容

■目的
福島県内で「独自の光る技術」を持つ企業や「伝統を守り、地域性豊かなものづくり」を続ける人材などに、社会的な評価を与えることを目的とします。また、その活動の情報を発信する中で、新たな市場開拓につなげるなど、県内の企業活動・ものづくりを応援し、人材育成等を通して経済の活性化を図ります。
■応募対象
福島県内に本社および主たる事業所、もしくは研究開発拠点などの施設がある企業、経営者であり、技術継承や人材育成などのソフト面での取り組み、農林水産業に関する6次化などをはじめとする、「ものづくり」を含めた幅広い活動も対象とします。過去に応募または受賞した企業・団体も対象とします。内容を変えて申請してください。
■表彰基準
他社にない製品や技術力の独自性、最新技術を駆使した先進性を評価します。特に地元に重点を置き、農林水産物や観光など地域資源の積極的な活用についても対象とします。また、最新技術の開発など事業の直接的な成果、新ビジネスモデルの創出や、それらが生む地域社会の活性化などの波及効果についても重視します。選考には一次審査と本審査があり、一次審査は主催、共催団体で構成する専門委員会、本審査は県内外の経済人、学識経験者らでつくる選考委員会で協議し総合的に判断します。
■表彰
応募の中から金賞、銀賞、特別賞を選び、上位の中から最高賞の福島県知事賞、優秀に福島民報社賞、福島民報社奨励賞を授与します。12月の選考委員会で各賞を決定し、表彰式は平成30年2月を予定しています。
■選考方法
主催者および共催各団体(下記参照)と有識者で組織する専門委員会が一次選考を行い、選考委員会による最終選考で各賞を決定します。
■応募資格 [第1回、第2回の応募または受賞企業・団体も応募可]
日本標準産業中分類(平成25年10月改定版)に基づく業種一般と特定非営利活動法人(NPO)。ただし、中分類の政治、文化団体、宗教を除きます。
■応募方法
原則として共催各団体に推薦願を申し出、その推薦をもって応募となります。主催の福島民報社への直接応募も可能です。応募書類は下記からダウンロード下さい。送り先はメールアドレス sangyo@fukushima-minpo.co.jp
■応募期間

2017 7/1(土)~8/31(木)までとなります。

お問い合わせ

 福島民報社事業局「ふくしま産業賞」係 TEL 024-531-4171(平日9時~17時)

  • 主催 福島民報社
  • 共催 福島県/福島県商工会議所連合会/福島県商工会連合会/福島県中小企業団体中央会/福島経済同友会/福島県経営者協会連合会/福島県中小企業家同友会/JAグループ福島/福島県森林組合連合会/福島県森林・林業・緑化協会/福島県木材協同組合連合会/福島県漁業協同組合連合会
  • 後援 東北経済産業局/復興庁福島復興局/中小企業基盤整備機構東北本部/福島県市長会/福島県町村会

晴れの受賞社・団体(25・完) 特別賞・JA伊達みらいあんぽ柿生産部会(伊達) 伝統和菓子守り継ぐ

ブランド回復に向け活動するJA伊達みらいあんぽ柿生産部会の宍戸部会長
 県北地方の特産品あんぽ柿の栽培、加工、出荷などに手広く携わっている。  大正時代に伊達市梁川町五十沢地区で五十沢枯露柿出荷組合が設立し、他地域の生産団体との合併を経て平成18年に現在の部会になった。  高品質の商品作りのため、先進的な技術と機械を積...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第1回)

晴れの受賞社・団体(24) 特別賞・スター精機(相馬) 先端技術を側面支援

航空宇宙エンジンなど最先端技術の実用化に向けた実験装置の設計・製作などに取り組んでいる社員
 航空機エンジン部品の加工や、半導体製造装置の部品製作などを手掛けている。宇宙航空研究開発機構(JAXA)や鉄道総合技術研究所(鉄道総研)、大学など公的研究機関の実験措置の提案、設計、製作、制御、分析などに携わり、進歩する先端技術を側面から支援してい...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第1回)

晴れの受賞社・団体(23) 特別賞・及川造船所(いわき) 被災者の復興後押し

造船を通じた復興の後押しを誓う及川社長
 船舶の建造や修理、繊維強化プラスチック(FRP)製品の製造加工などを手掛けている。平成25年に及川和英社長(44)が父の初夫会長(69)の後を継いだ。  工場はいわき市の久之浜漁港そばに立地している。東日本大震災の津波被害を受け、建物の屋根と柱を残...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第1回)

晴れの受賞社・団体(22) 特別賞・ふくしま大豆の会(福島) 地産地消の輪広げる

注文に応じ、共同購入者に届けられる商品
 ふくしま大豆の会は生産、加工、消費を一体化した流通ネットワーク。大豆を中心とした安心できる作物の地産地消を続けている。  設立の契機は大豆などの遺伝子組み換え(GM)食品の流通が始まった平成8年、コープふくしまが開いたGM食品の学習会だった。「生...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第1回)

晴れの受賞社・団体(21) 特別賞・会川鉄工(いわき) 風力発電事業を開拓

会川鉄工が力を入れる風力発電関連の設備と会川会長
 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故発生後、風力発電関連製品の製造に力を入れている。  震災前は原発で生じる放射性廃棄物を入れる遮蔽(しゃへい)容器などを製造していた。「今後10年は原発関連事業に力を入れる」と決めた2カ月後に震災が起きた。海岸か...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第1回)

晴れの受賞社・団体(20) 特別賞・野沢民芸品製作企業組合(西会津) 時代捉えた郷土玩具

数多くの張り子が並ぶ工房。スタッフと製作に励む早川さん
 地元でこけしを製作していた工人が近代化の目的で昭和37年に設立した。  40年代に赤べこやえとなどの会津張り子を作り始めた。手作業の課題とされた効率性を向上させるため、54年に張り子の型作りを機械化した。昔ながらの手作業と機械化を組み合わせ、品質...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第1回)

晴れの受賞社・団体(19) 特別賞・ゆうきの里東和 ふるさとづくり協議会(二本松) 遊休農地活用、再生 

東和産野菜を使い、漬物に加工する協議会員
 「道の駅ふくしま東和」を拠点に、耕作放棄地を再生し、野菜や果実の生産、集荷、販売をしている。農薬を控え、有機的な栽培をした野菜を「東和げんき野菜」と認定している。  農産物の加工も手掛けている。養蚕業の衰退で荒れた桑畑を活用し「桑の葉パウダー」を開...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第1回)

晴れの受賞社・団体(18) 特別賞・エヌジェイアイ(郡山) 官民の介護支援融合

フィットネスクラブで利用者をサポートする職員
 快適な環境で通所介護や訪問看護、フィットネスなどのサービスが受けられる多機能型の賃貸総合住宅「エルキューブ」を県内2カ所で運営している。生活支援サービスだけでなく保育所やレストランなども並び、「小さな町」の雰囲気を大切にしている。  要介護者の増加...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第1回)

晴れの受賞社・団体(17) 特別賞・福島路ビール(福島) 県産果樹で独自製品

ヨーロッパから取り寄せた麦芽と吾妻山の伏流水、県内の果樹を使ってフルーツビールを製造している
 蜜の入った完熟リンゴの甘さ、モモの芳醇(ほうじゅん)な香りをビールの程よい苦味と組み合わせ「フルーツビール」を完成させた。  福島市荒井のアンナガーデンの一角に構える福島路ビールの工場兼店舗で、ドイツ、イギリスから取り寄せた厳選した麦芽と、福島の...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第1回)

晴れの受賞社・団体(16) 特別賞・藤田建設工業(棚倉) 木材で地域に「新風」

ウッドALCの工法で建設した本社の外観をアピールする藤田社長
 地元に眠る豊富な森林資源を積極的に活用している。林業の再生を推し進めるとともに、関連する製材業や運送業、木工業などを巻き込んで地域経済に新しい風を吹かせている。  杉を一方向に集成した建材「ウッドALC」と鉄骨を組み合わせた独自の建築工法を提案して...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第1回)

晴れの受賞社・団体(15) 特別賞・こんの(福島) 循環型社会をけん引

来客を笑顔で出迎える社員一同=こんの・福島市
 家庭、自治体、事業所から分別して出された古紙を回収し、圧縮、梱包(こんぽう)、加工して製紙メーカーなどに供給している。「廃棄物を生き返らせて社会に還元する」。古紙リサイクル業を通し循環型社会の発展を目指す。  長年の資源リサイクル業で培ってきた経験...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第1回)

晴れの受賞社・団体(14) 特別賞・福島県CLT推進協議会(会津若松) 五輪施設へ供給目標

視察が相次いだCLTの実験用ハウス=会津若松市
 「CLT(直交集成板)をきっかけに日本の林業を再生させたい」。菅家洋一会長(67)は県産材のCLTの利用促進を柱とし、2020(平成32)年の東京五輪・パラリンピックの会場施設への供給を目標に体制整備を進め、県内をはじめ、広域的な林業再生を目指して...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第1回)

晴れの受賞社・団体(13) 特別賞・住友ゴム工業白河工場(白河) 環境配慮の技術革新

地域の緑化を進める住友ゴム工業白河工場の従業員
 タイヤ事業「ダンロップ」をメーンブランドとし、全世界に各種タイヤを製造、販売するため昭和49年に白河市に住友ゴム工業白河工場を設立した。  技術革新を続け、石炭や石油などの化石資源に頼らない石油外天然資源によるタイヤ開発に取り組み、平成25年に「エ...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第1回)

晴れの受賞社・団体(12) 銀賞・AC福島ユナイテッド(福島)  困難屈せず「J」参入

 金弘淵選手(左)とミニゲームを楽しむ子どもたち
 サッカーJリーグ3部(J3)の「福島ユナイテッドFC」を運営する。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故のひと月前の平成23年2月、福島市内の会社経営者の有志が旧運営会社を引き継いで誕生した。  震災直後は選手の大量離脱やスポンサー離れに苦しみなが...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第1回)

晴れの受賞社・団体(11) 銀賞・住環境設計室(郡山) 安価な免震技術開発

住環境設計室が開発したbDパイルと影山社長
 世界で初めて免震装置不要の住宅向け免震基礎工法を開発した。同工法で建てた東北6県の住宅1098棟は東日本大震災でも被害はなく、安全性の高さが実証された。  一級建築士の影山千秋社長(64)は6人のスタッフを率いる。安全な建物を建てるために骨組みの...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第1回)