ふくしま産業賞

「晴れの受賞社・団体(第1回)」アーカイブ

ふくしま産業賞 ふくしま経済・産業・ものづくり賞 募集

募集内容

■目的
福島県内で「独自の光る技術」を持つ企業や「伝統を守り、地域性豊かなものづくり」を続ける人材などに、社会的な評価を与えることを目的とします。また、その活動の情報を発信する中で、新たな市場開拓につなげるなど、県内の企業活動・ものづくりを応援し、人材育成等を通して経済の活性化を図ります。
■表彰対象
福島県内に本社および主たる事業所、もしくは研究開発拠点などの施設がある企業、経営者であり、技術継承や人材育成などのソフト面での取り組み、農林水産業に関する6次化などをはじめとする、「ものづくり」を含めた幅広い活動も対象とします。これまでの応募企業・団体も対象とします。
■表彰基準
他社にない製品や技術力の独自性、最新技術を駆使した先進性を評価します。特に地元に重点を置き、農林水産物や観光など地域資源の積極的な活用についても対象とします。また、最新技術の開発など事業の直接的な成果、新ビジネスモデルの創出や、それらが生む地域社会の活性化などの波及効果についても重視します。選考には一次審査と本審査があり、一次審査は主催、共催団体で構成する専門委員会、本審査は県内外の経済人、学識経験者らでつくる選考委員会で協議し総合的に判断します。
■表彰
応募の中から金賞、銀賞、特別賞を選び、金賞の中から最高賞の福島県知事賞、優秀に福島民報社賞を授与します。12月の選考委員会で各賞を決定し、表彰式は平成31年2月を予定しています。
■選考方法
主催者および共催各団体(下記参照)と有識者で組織する専門委員会が一次選考を行い、選考委員会による最終選考で各賞を決定します。
■応募資格 [これまでの受賞企業・団体も応募可]
日本標準産業中分類(平成25年10月改定版)に基づく業種一般と特定非営利活動法人(NPO)。ただし、中分類の政治、文化団体、宗教を除きます。
■応募方法
原則として共催各団体に推薦願を申し出、その推薦をもって応募となります。なお、所属する団体がない場合は、主催の福島民報社への直接応募も可能です。応募書類は福島民報社のホームページからダウンロードください。 http://www.minpo.jp/
■応募期間

2018 7/1(日)~8/31(金)までとなります。

■応募書類 ダウンロード

学生奨励賞を創設

■表彰対象
 県内の大学、高専、短大、高校、専門学校等の学生による活動(グループをはじめ個人による活動も含む)。
■表彰分野
 福島県の産業発展・産業創造、地域づくりにつながる商品開発・流通・販売、ものづくり、イベント、情報、サービス関連の研究開発など幅広い分野。
■表彰基準
 地域資源の活用、震災・津波・原発事故からの復興への貢献、地元企業・住民との連携、他地域との交流促進などを総合的に判断します。
 ※審査方法、応募方法は一般部門と同じ。団体の推薦は必要なし。
■応募書類 ダウンロード

応募先

  • 郵送の宛先
    〒960-8602 福島市太田町13-17
    福島民報社事業局「ふくしま産業賞」係
  • メールの宛先

お問い合わせ

 福島民報社事業局「ふくしま産業賞」係 TEL 024-531-4171(平日9時~17時)

  • 主催 福島民報社
  • 共催 福島県/福島県商工会議所連合会/福島県商工会連合会/福島県中小企業団体中央会/福島経済同友会/福島県経営者協会連合会/福島県中小企業家同友会/JAグループ福島/福島県森林組合連合会/福島県森林・林業・緑化協会/福島県木材協同組合連合会/福島県漁連
  • 後援 東北経済産業局/復興庁福島復興局/中小企業基盤整備機構東北本部/アカデミア・コンソーシアムふくしま/福島県市長会/福島県町村会

晴れの受賞社・団体(10) 銀賞・かーちゃんの力・プロジェクト協議会(福島) 避難区域の「食」守る

かぼちゃを料理する協議会のメンバー
 東京電力福島第一原発事故で避難区域となった葛尾村や飯舘村などで暮らしていた女性が中心となり活動している。原発事故の影響で古里の食文化が廃れるのを防ぐのが大きな目的だ。  主な事業は弁当と加工食品の製造・販売。生産拠点を福島市松川町の空き店舗に置いて...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第1回)

晴れの受賞社・団体(9) 銀賞・佐久間建設工業(三島) 「資源」の古民家再生

再生した古民家を紹介する佐久間社長
 「地域と共に生きる」を経営方針に掲げ、地元産木材を積極的に活用した住宅づくりや古民家の再生などの企業活動を通し、過疎化、高齢化が進む地域の課題解決策を提案している。  建築には大量の木材を使用する伝統的な木組み工法を採用しており、スギや三島桐(きり...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第1回)

晴れの受賞社・団体(8) 銀賞・芳賀沼製作 (南会津) 地元材活用へ新技術

地元材活用の技術開発に力を入れる芳賀沼社長
 ログハウスを中心とした自然素材の家造りに取り組んでいる。地元産材の消費拡大に向け、地域と連携した新たな技術開発やブランド確立にも力を入れている。  近年は設計者や専門家と協力し、「縦ログ構法」という建築技術の開発に力を入れている。一定の大きさに切...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第1回)

晴れの受賞社・団体(7) 銀賞・河内屋商店(柳津) 中山間地の農家応援

経営するスーパー内を紹介する山内社長
 奥会津に住む農家が生産した農産物を生かした商品販売形態が特徴で、中山間地域の基幹産業となっている農業所得の向上に貢献している。  スーパーや旅館、パン工房の経営、総菜調理加工、仕出し調理...。さまざまな事業を展開する。効率化よりも「地域の所得が...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第1回)

晴れの受賞社・団体(6) 金賞・アポロガス(福島) 再生エネの普及推進

県内を再生可能エネルギーの先進地にしたいと話す篠木社長(右)と芳賀さん=ふくしまさいえねパーク
 LPガスや灯油、介護用品を販売し、グループ企業で太陽光などの発電事業を手掛けている。  社名は米国の月探査計画「アポロ計画」を参考に、チャレンジ精神を持ち続けようと名付けた。太陽光発電事業の収益などで「アポロしあわせ基金」を設立。東京電力福島第一...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第1回)

晴れの受賞社・団体(5) 金賞・コンド電機(浅川) 家電守る部品小型化

サージアブソーバを作る機械を説明する近藤社長
 雷が発生した時に起こる異常な電圧や電流から家電製品などを守る電子部品「サージアブソーバ」を製造している。従業員30人の小規模な事業所だが、国内有数の技術力を誇る。  サージアブソーバはパソコンやファクス、エアコンなど身近な製品に内蔵されている。雷で...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第1回)

晴れの受賞社・団体(4) 金賞・青木商店(郡山) 良質果実で感動創造

フルーツバー「果汁工房 果琳」=イオン郡山フェスタ店。本物志向の消費者から人気を得ている
 郡山市を拠点に全国で果物のジュースやタルトの販売店などを展開している。本物志向の消費者の増加を追い風に、県産などを使った質の高い商品が人気を集めている。  大正13年、バナナ問屋「青木商店」として郡山市で創業し、平成14年に現在の業態に転換した。ジ...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第1回)

晴れの受賞社・団体(3) 福島民報社奨励賞・磐城高箸(いわき) 間伐杉材に付加価値

従業員と木材を加工する高橋社長
 いわき市産の杉を材料に用いた高級割り箸を一貫して製造・販売している。  高橋正行社長(42)は神奈川県横須賀市から平成22年7月に移り住んだ。林業に携わっていた祖父が暮らしていた。安価な外国産に押され、国産の価格が下がり、林業の将来が気になった。「...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第1回)

晴れの受賞社・団体(2) 福島民報社賞・栄楽館ホテル華の湯(郡山) 女性活躍の環境整備

企業内保育園で楽しく遊ぶ子どもたち
 昭和5年創業の老舗旅館栄楽館グループ3旅館の一つ。経営方針に日本文化の継承、地域発展を掲げている。平成22年に県産野菜を中心とした料理を提供するビュッフェダイニングを開店し、地産地消を推進している。  女性が働きやすい職場を目指す。27年7月に県内...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第1回)

晴れの受賞社・団体(1) 知事賞・大七酒造(二本松) 伝統的製法で海外へ

酒母の「暖気入れ」を行う佐藤さん。気の抜けない作業が続く
 福島民報社の第1回「ふくしま経済・産業・ものづくり賞」(略称・ふくしま産業賞)の受賞社・団体は新たな商機や販路の拡大、地域振興を目指し、挑戦を続けている。古里福島に活力を-。それぞれの思いは重なる。受賞社・団体の取り組みを紹介する。  江戸時代の創...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第1回)