ふくしま産業賞

「晴れの受賞社・団体(第2回)」アーカイブ

ふくしま産業賞 ふくしま経済・産業・ものづくり賞 募集

募集内容

■目的
福島県内で「独自の光る技術」を持つ企業や「伝統を守り、地域性豊かなものづくり」を続ける人材などに、社会的な評価を与えることを目的とします。また、その活動の情報を発信する中で、新たな市場開拓につなげるなど、県内の企業活動・ものづくりを応援し、人材育成等を通して経済の活性化を図ります。
■表彰対象
福島県内に本社および主たる事業所、もしくは研究開発拠点などの施設がある企業、経営者であり、技術継承や人材育成などのソフト面での取り組み、農林水産業に関する6次化などをはじめとする、「ものづくり」を含めた幅広い活動も対象とします。これまでの応募企業・団体も対象とします。
■表彰基準
他社にない製品や技術力の独自性、最新技術を駆使した先進性を評価します。特に地元に重点を置き、農林水産物や観光など地域資源の積極的な活用についても対象とします。また、最新技術の開発など事業の直接的な成果、新ビジネスモデルの創出や、それらが生む地域社会の活性化などの波及効果についても重視します。選考には一次審査と本審査があり、一次審査は主催、共催団体で構成する専門委員会、本審査は県内外の経済人、学識経験者らでつくる選考委員会で協議し総合的に判断します。
■表彰
応募の中から金賞、銀賞、特別賞を選び、金賞の中から最高賞の福島県知事賞、優秀に福島民報社賞を授与します。12月の選考委員会で各賞を決定し、表彰式は平成31年2月を予定しています。
■選考方法
主催者および共催各団体(下記参照)と有識者で組織する専門委員会が一次選考を行い、選考委員会による最終選考で各賞を決定します。
■応募資格 [これまでの受賞企業・団体も応募可]
日本標準産業中分類(平成25年10月改定版)に基づく業種一般と特定非営利活動法人(NPO)。ただし、中分類の政治、文化団体、宗教を除きます。
■応募方法
原則として共催各団体に推薦願を申し出、その推薦をもって応募となります。なお、所属する団体がない場合は、主催の福島民報社への直接応募も可能です。応募書類は福島民報社のホームページからダウンロードください。 http://www.minpo.jp/
■応募期間

2018 7/1(日)~8/31(金)までとなります。

■応募書類 ダウンロード

学生奨励賞を創設

■表彰対象
 県内の大学、高専、短大、高校、専門学校等の学生による活動(グループをはじめ個人による活動も含む)。
■表彰分野
 福島県の産業発展・産業創造、地域づくりにつながる商品開発・流通・販売、ものづくり、イベント、情報、サービス関連の研究開発など幅広い分野。
■表彰基準
 地域資源の活用、震災・津波・原発事故からの復興への貢献、地元企業・住民との連携、他地域との交流促進などを総合的に判断します。
 ※審査方法、応募方法は一般部門と同じ。団体の推薦は必要なし。
■応募書類 ダウンロード

応募先

  • 郵送の宛先
    〒960-8602 福島市太田町13-17
    福島民報社事業局「ふくしま産業賞」係
  • メールの宛先

お問い合わせ

 福島民報社事業局「ふくしま産業賞」係 TEL 024-531-4171(平日9時~17時)

  • 主催 福島民報社
  • 共催 福島県/福島県商工会議所連合会/福島県商工会連合会/福島県中小企業団体中央会/福島経済同友会/福島県経営者協会連合会/福島県中小企業家同友会/JAグループ福島/福島県森林組合連合会/福島県森林・林業・緑化協会/福島県木材協同組合連合会/福島県漁連
  • 後援 東北経済産業局/復興庁福島復興局/中小企業基盤整備機構東北本部/アカデミア・コンソーシアムふくしま/福島県市長会/福島県町村会

【特別賞】渋谷レックス(福島) 菓子文化を継承、発展

社員が改装した「カストマー」の店内
 伝統的な菓子文化を守ろうと、卸売りにとどまらず自社ブランド「なつ菓子屋」商品の開発や駄菓子屋をイメージした店舗「カストマー」の運営を行っている。  なつ菓子屋は平成11年、職人の技術を発展・継承する目的でスタートした。「昔懐かしい」をテーマに、高...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第2回)

【特別賞】会津ラボ(会津若松) 「電力見える化」を推進

商品開発に取り組む社員
 会津大発のベンチャー企業でアプリケーション開発を主軸に取り組んでいる。社の理念は会津大建学理念と同じ「to Advance Knowledge for Humanity(人類の為の知識の前進)」で技術を人のため、社会のために進歩させることを第一にし...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第2回)

【特別賞】米屋企業(おとぎの宿米屋)(須賀川) 高品質の「おもてなし」

質の高いサービスを提供する有馬社長(左から2人目)とスタッフら
 スタッフの笑顔が客を迎える。こまやかな気配り、厳選された素材を使った味わい深い食事、心地よい源泉...。日本全国から訪れるリピーターが後を絶たない。一流旅館・ホテルのみを対象にした会員制宿泊予約サイト「Relux(リラックス)」の2016年年間ラン...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第2回)

【特別賞】白河素形材ヴァレー(白河) 製造の「ワンストップ」

海外の見本市に製品を出品する従業員
 自動車産業に必要な部品の鋳造や熱処理、加工を手掛ける10社でつくる複合企業体で、製造の「ワンストップ」をコンセプトに発足した。  東日本大震災で被災した際に、県中小企業等グループ施設等復旧整備補助金を受けた白河市と泉崎村、矢吹町の企業で構成する。...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第2回)

【特別賞】福島銀行(福島) 体験型催しで地域貢献

社員と一般参加者が一緒に踊っている福島銀行のわらじおどりチーム
 平成二十六年夏から春夏秋冬の季節ごとに「ふくぎん十大イベント」を開いている。福島の魅力を再発見するツアーや好奇心をくすぐる体験型の催しを企画し、地域の元気づくりに取り組んでいる。  東日本大震災と東京電力福島第一原発事故に伴い県内の観光客が大きく減...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第2回)

【銀賞】銀嶺食品(福島) パン製造、6次化推進

6次化により生み出されたこだわりのパンが並ぶ農産物直売所「ここら矢野目店」
 福島市の老舗パン製造会社で、県北地方を中心に南会津、喜多方エリアの小中学校の給食事業を展開。国産小麦や天然酵母にこだわった商品を製造販売し消費者から信頼を得ている。  昭和62年に開発した菓子「柚子の故里(さと)」はこれまで国内外の品評会で受賞し...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第2回)

【銀賞】クラロン(福島) 障害者を積極的に雇用

製造工程を見守る氏川社長(右)
 県内を中心に小中学校・高校約1200校の学校体育着などをオーダーメードで製造販売している。昭和31年の創業以来、常に多くの障害者を雇用してきた。社員134人のうち、36人が障害者で全員正社員として迎えている。女性社員が100人おり、60歳以上の社員...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第2回)

【銀賞】ウェブレッジ(郡山) アプリなどの品質検証

アプリケーションの不具合などをチェックする担当者ら
 キャッチフレーズは「バグを憎んで人を憎まず」-。スマートフォンなどのアプリケーションやウェブサービス、ソフトウエアの品質測定などをする「第三者検証」を担っている。企業が製品を発売する前に、設計通りに正常に作動するかどうかを確認するとともに、不具合(...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第2回)

【銀賞】サンビックス(郡山) 特殊技術で金属処理

「ゼロウィスカ」の技術を開発したサンビックスの実験室
 電子製品や自動車の部品に欠かせない金属をメッキ処理や化成処理する専門企業で、コンピューターのシステムエラーや回線ショートのトラブルを引き起こす「亜鉛ウィスカ」の発生を抑える世界唯一の特殊技術を持つ。  ウィスカは主に亜鉛メッキやスズメッキから生じる...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第2回)

【銀賞】羅羅屋(会津若松) 良質ランドセル製造

夢と希望をのせたランドセルが次々と製造される会津若松工場
 「ララちゃんランドセル」などを製造する。復興支援のため平成24年8月、会津若松市河東町に新工場を設けた。当時21人だった新工場の従業員は地元雇用を進め、現在は約70人にまで増えた。7割が女性で出産・育児をしながら働ける職場環境づくりに努める。  工...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第2回)

【金賞】マストロ・ジェッペット(南会津) 多彩な木製玩具製造

製造している木製玩具を紹介するデザイナー富永さん(右)ら
 南会津町の製材業や木工品製造業など5社で設立した。木製玩具を製造し、国内外に販売している。林業や木工業が盛んだった南会津の技術を活用し、デザインにこだわり、新たなブランドとして注目を集めている。  製造するのは赤ちゃんのガラガラや積み木、木琴、お絵...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第2回)

【金賞】仁井田本家(郡山) 「田んぼを守る」酒造り

仁井田社長(右から3人目)ら酒造りに励む仁井田本家の蔵人
 自然派の白●酒母(しろこうじしゅぼ)仕込みの日本酒が全国新酒鑑評会で2年連続の金賞に輝いた。18代蔵元で杜氏(とうじ)の仁井田穏彦社長(51)は、若い蔵人(くらびと)とともに豊かな風土で育まれた有機米と天然水を使って究極の自然酒への挑戦を続ける。 ...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第2回)

【金賞】大野村農園(相馬) 地元産飼料で良質な卵

家族とともにニワトリを世話する菊地代表
 相馬市郊外の田園地帯にあるビニールハウスで養鶏に取り組んでいる。生産された卵は「相馬ミルキーエッグ」として県内外に流通し、人気商品となっている。  菊地将兵代表(30)は相馬市の小中学校を卒業し、仙台市の高校に進んだ。その後、全国各地の農家に住み込...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第2回)

【福島民報社奨励賞】菊池製作所(飯舘) 医療や廃炉で技術開発

製品の仕上げ作業をする従業員
 ものづくり総合支援企業として機械加工、試作品製作などを行っている。順調な経営が続いていた矢先、福島工場がある飯舘村が東京電力福島第一原発事故により全村避難を余儀なくされた。  工場は休業することなく稼働を続けた。従業員が受ける放射線量を最小限にする...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第2回)

【福島民報社賞】イービーエム(福島) 医工連携の先駆け 評判

福島市に開設した施設の実習室でBEATを使った手術訓練に励む医学生
 心臓外科手術の訓練に用いる医療機器の製造・販売を手掛けている。平成28年9月、ふくしま医療福祉機器開発事業費補助金を活用し、同社製品を使って外科手術のトレーニングを行える拠点施設「イービーエムふくしま製造開発センターFIST」を福島市野田町に開設し...[記事全文

カテゴリー:晴れの受賞社・団体(第2回)