市町村対抗軟式野球大会

  • Check

田村 好機生かす 猪苗代あと一本出ず

【猪苗代町-田村市】2回裏、田村市2死一塁、一走白岩(右)が二盗。二塁への悪送球の間に三進。三塁への悪送球も重なり、一気に先制のホームイン。次打者根内(22)と喜び合う

■田村2―0猪苗代
 【評】好機を生かして得点につなげた田村が猪苗代を下した。田村は二回2死から白岩が内野安打で出塁。その後の二盗が相手の悪送球を誘い、先制した。六回に代打佐藤芳の犠飛で加点した。猪苗代は得点圏に3度走者を進めたが、あと一本が出なかった。

 ★加藤善三球審(猪苗代町-田村市) 互いの投手が持ち味を出した好試合だった。猪苗代町は二回の失策が痛かった。

■精いっぱい走り一気に本塁突く 田村の白岩
 二回に先制のホームを踏んだ田村市の白岩秀明は「年齢はチームの中でも上の方だが、精いっぱいやった」と流れを引き寄せる走塁を振り返った。遊撃への内野安打で出塁後、二盗。相手守備陣の乱れもあり、一気に本塁を突いた。「一戦一戦着実に戦いたい」と若手をカバーしながら、全力プレーすることを誓った。

■相手の配球読み4番意地の一打 猪苗代の安藤
 猪苗代町の4番安藤雄一は2点を追う七回に先頭打者で打席に入ると、直球中心に組み立てる相手投手の配球を読み、外角の直球に逆らわず右前打した。打線が続かずチームは敗れた。「出塁はできたが...。4番として長打でチームをもっと盛り上げたかった」と悔やんだ。

市町村対抗軟式野球大会の最新記事

>> 一覧