市町村対抗軟式野球大会

  • Check

天栄 長打で逆転 古殿 守備に乱れ

【天栄村‐古殿町】6回表、天栄村1死二塁、大平が左中間三塁打を放つ

■天栄5―2古殿
 【評】天栄が古殿に逆転勝ちした。1点を追う天栄は五回無死一塁から森隆が右越え三塁打を放ち同点に追い付くと、敵失に乗じて勝ち越した。六回には大平の左中間三塁打で加点し突き放した。古殿は守備のミスが痛かった。

 ★小野公男球審(天栄村-古殿町) 投手戦が続くと思われたが、中盤以降に天栄村が放った長打2本が勝敗を分けた。

■ベテラン奮起流れ引き寄せ
 大会初勝利を手にした天栄村。試合後の整列で、ナインは球場に流れる村民の歌「伸びゆく天栄」のメロディーをかみしめながら、喜びを分かち合った。
 長打で勝負を決めた。主将の鈴木勘寿は「腰の位置よりも高い球を狙い、カウントが悪くなる前にバットを振れた」と総括した。
 1点を追う五回無死一塁、森隆博が狙い通りに初球で高めの球を捉えた。右翼手を越える三塁打で同点とした。「流れを引き寄せることができた」と喜んだ。長年出場しているベテランが初勝利へ思いをバットに乗せた。六回には大平雄介が左中間へ三塁打を放ち、守備が乱れた間に本塁に駆け込んだ。
 佐藤伸弥監督は「投手攻略が当たった」と分析。「次も挑戦する気持ちで『一勝』を狙いたい」と謙虚に語った。

■「打たせて取る」中盤まで無失点 古殿の瀬谷敬
 古殿町の先発瀬谷敬一は伸びのある直球で中盤までは無失点。「打たせて取ることを心掛け、リラックスして投げられた」と振り返った。終盤に逆転されたが「選手は力を合わせ最後までしっかりとプレーした。切り替えて来年また頑張りたい」とすがすがしい笑顔を見せた。

市町村対抗軟式野球大会の最新記事

>> 一覧