市町村対抗軟式野球大会

  • Check

"裏方"大会支える アナウンスでエール 岡本さんと八島さん

アナウンスを担当した(左から)岡本さん、八島さん

 8日に福島市のあづま球場で開幕した第6回市町村対抗県軟式野球大会では、58市町村の代表が白熱した戦いを繰り広げている。地元住民との絆を胸に戦う選手に力を出し切ってもらおうと、多くの関係者がスムーズな大会運営を支えている。

 9日の1回戦6試合では、仙台市の大学生岡本沙依さん(20)と福島市の会社員八島美沙さん(22)が場内アナウンスを担当した。高校時代はいずれも県北地区の硬式野球部マネジャー。現在、県北野球連盟に所属している。岡本さんは大学で発音の仕方などを学んでおり、将来はアナウンサーになるのが夢。はきはきとした声で試合の進行に努めた。八島さんは高校卒業以来、4年ぶりに球場のマイクに向かった。「選手には全力プレーで頑張ってほしい」とエールを送っていた。

市町村対抗軟式野球大会の最新記事

>> 一覧