市町村対抗軟式野球大会

  • Check

若松そつなし 葛尾に痛い守備の乱れ

【会津若松市-葛尾村】4回表、会津若松市1死三塁、打者早川の時、捕逸の間に三走五十嵐(左)が本塁を突き3点目。右は投手松本忠憲

■若松5-1葛尾
 【評】序盤から着実に加点した会津若松が葛尾を下した。会津若松は一回1死一、二塁から渡辺が右翼線三塁打を放ち2点を先制した。四、六回には敵失などでそれぞれ追加点を挙げ突き放した。葛尾は四回に1点を挙げて粘りを見せたものの、守備の乱れが痛かった。

 ★森一球審(会津若松市-葛尾村) 大きな力の差はなかった。会津若松の投手渡部修の緩急をつけた投球が光った。

■来年も2人で戻ってきたい 葛尾の松本兄弟
 葛尾村の先発松本忠憲と捕手松本忠慶は兄弟でバッテリーを組んだ。「配球はあうんの呼吸」と、互いの息はぴったりだったが、松本忠憲の制球が定まらず、打ち込まれてしまった。何としても勝利をもぎ取り、原発事故で被災した村を勇気づけたいという思いがあったが、かなわなかった。「来年も兄弟で、この舞台に戻ってきたい」と2人で前を向いた。

■女性捕手初の出場 若松の佐久間「みんなに感謝」
 会津若松市の捕手佐久間睦は七回裏2死からマスクをかぶった。大会事務局によると、捕手では女性選手として初の大会出場で「グラウンドに立たせてくれたチームのみんなに感謝したい」と笑顔を輝かせた。
 中学、高校とソフトボール部に所属し、田村高時代には捕手として県大会ベスト8進出に貢献した。現在は竹田病院野球クラブのマネジャーを務めながら、練習で投手の球を受けることで軟式の経験を積んできた。
 試合では同クラブの渡部修の球を3球受け、三振で試合終了。記念のウイニングボールを手に「女性が出場するきっかけになればうれしい」と語った。

市町村対抗軟式野球大会の最新記事

>> 一覧