市町村対抗軟式野球大会

  • Check

いわき光る足攻 コールドで玉川下す

【玉川村-いわき市】5回裏、いわき市1死二、三塁、及川の一塁内野安打の間に三走川崎(中央)が先制のホームイン。捕手石井

■いわき7-0玉川
 【評】機動力を生かした攻撃でいわきが玉川にコールド勝ちした。いわきは五回、内野安打や盗塁で1死二、三塁とすると及川の一塁内野安打で2者が生還し先制した。さらに荒川の中前打や梶原の左越え二塁打で突き放した。玉川は五回1死三塁の好機を生かせなかったのが痛かった。

 ★遠藤文郎球審(玉川村-いわき市) 五回のいわきの攻撃は見事。両チームの投手とも気迫あふれるいい投球だった。

■自慢の足で攻守にリズム いわきの古川
 いわき市の主将古川哲也は自慢の足でチームを引っ張った。同点で迎えた五回1死二塁から三塁手の前にセーフティバンドを試み成功。二盗後、及川俊也の一塁内野安打の間に一気に本塁を突いた。古川は「次の試合も、守備でつくったリズムを攻撃に生かしたい」と誓った。

■ベテラン38歳粘投実らず... 玉川の高坂
 玉川村の先発高坂貴志はスライダーやチェンジアップを効果的に使い、四回までいわき打線を0点に封じ込めた。38歳とベテランの域に入るが、大会に合わせて体力づくりにも励み、疲れを見せなかった。五回につかまり、無念の降板。「悔しい思いでいっぱい。守備力、精神力を鍛えて戻ってくる」と再起を約束した。

市町村対抗軟式野球大会の最新記事

>> 一覧