市町村対抗軟式野球大会

  • Check

好機逃さず須賀川快勝 磐梯、打線が沈黙

【須賀川市-磐梯町】2回表、須賀川市2死満塁、安藤が右前に先制の2点適時打を放つ

■須賀川3-0磐梯
 【評】好機を確実に生かした須賀川が快勝した。須賀川は二回、斎藤の中前打などで2死満塁とすると、安藤が右前打を放ち2点を先制した。六回には藤田の右中間二塁打と敵失で1点を追加した。投げては菅野が完封した。磐梯は打線がつながらなかった。

 ★佐藤隆二球審(須賀川市|磐梯町) 二回の先制点で須賀川の流れになった。磐梯の先発小林恵は球が走っていた。

■2死満塁から 9番打者が一撃 須賀川の安藤
 二回2死満塁、須賀川市の9番安藤弘が放った飛球は、右前にぽとりと落ちる幸運な2点適時打になった。安藤は「スライダーを逆らわずに打つことができた」と笑みを浮かべた。9番の打順は相手に警戒されず気楽に打席に入れると気に入っているという。「次もチャンスで打ち一戦一戦勝ち上がりたい」と意気込んだ。

■甘い球狙われ痛打浴び完敗 磐梯の小林主将
 磐梯町主将で主戦の小林恵は「甘い球を狙われた。相手打線が上だった」と完敗を認めた。コーナーを突く制球力で勝負を懸ける計画だったが、狙いからそれて真ん中寄りになった球を痛打された。打っては1安打を放ち意地を見せたが、初戦突破は果たせなかった。「鍛え直して、来年こそ1勝したい」と気合を入れていた。

市町村対抗軟式野球大会の最新記事

>> 一覧