市町村対抗軟式野球大会

  • Check

本宮、攻め着実 下郷の反撃1点止まり

【下郷町-本宮市】最後の打者を内野フライに打ち取り捕手の渡辺義とハイタッチする本宮市の安田(右)

■本宮4-1下郷
 【評】好機に確実に得点した本宮が快勝した。本宮は二回、三浦、田中が連打で出塁し、敵失に乗じて先制、渡辺義の犠飛で2点目を加えた。四回、六回にも加点し差を広げた。下郷は三回、渡部学の左前打で1点を返したが、打線がつながらなかった。

 ★佐久間洋球審(下郷町-本宮市) 下郷町は二回の失策が痛かった。本宮市は2番手の安田投手のテンポが良かった。

■好リリーフ見せ16強以上へ意欲 本宮の安田
 本宮市の投手安田伸吾は五回から登板し、七回まで被安打1の好投で下郷町打線を寄せ付けなかった。直球を主体にして、カーブ、フォークも使い翻弄(ほんろう)。「リズム良く投げることを心掛けた」と余裕を見せた。昨年、一昨年とベスト16止まりのため、「今年こそは壁を突破する」と意欲を見せた。

■この経験を来年生かす 下郷の渡部学
 下郷町の3番渡部学は2点を追う三回2死二塁から1点を返す左前打。スライダーを振り抜き「コンパクトな振りを心掛けたのが良かった」と振り返った。チームは中盤以降に突き放され、敗れたが「若いチームなのでこの経験を生かし来年の大会につなげたい」と前を向いた。

市町村対抗軟式野球大会の最新記事

>> 一覧