市町村対抗軟式野球大会

  • Check

柳津が初勝利 国見振り切る

大会初勝利を喜ぶ柳津町の選手

■柳津3―2国見
 【評】柳津が粘る国見を振り切った。柳津は一回1死、猪俣が中越え三塁打で好機を広げると、続く樋の内野ゴロの間に猪俣が生還し、1点をもぎ取った。二回以降も好機を着実に生かした。国見は四回と七回に1点ずつ返し粘りを見せたが、届かなかった。

 ★大内義重球審(国見町-柳津町)ワンチャンスを生かした柳津町はお見事。国見町の投手は制球にばらつきがあった。

■意地の安打「来年こそ」 国見の八島
 国見町の1番八島隆記は2点を追う七回、先頭打者として意地の二塁内野安打。外角の直球に食らいつき全力疾走で一塁ベースを駆け抜けた。二盗などで三進すると内村忠の犠飛で生還。しかし、後が続かず、八島は「もっと早いイニングで出塁すれば流れが変わった。来年こそ結果を出す」と誓った。

■1点にこだわる野球ができた 柳津の主将田崎
 大会初勝利を飾った柳津町の主将田崎恵は「チームが掲げる『1点にこだわる野球』ができた」と充実した表情を見せた。ヒットエンドランなど小技を生かした采配も的中し、「2回戦につながる試合ができた」と手応えを感じていた。昨年は1回戦で会津美里町と対戦。延長までもつれたが、あと一歩及ばず敗れた。今大会の目標に掲げた「まず1勝」をクリアし、ナインの士気は一層高まった。
 2安打を放った猪俣幸広は「今日以上の活躍で、チームの勝利に貢献したい」と闘志を燃やした。

市町村対抗軟式野球大会の最新記事

>> 一覧