市町村対抗軟式野球大会

  • Check

棚倉逆転勝ち 西会津守備乱れる

【棚倉町-西会津町】3回表、棚倉町1死二、三塁、暴投で三走坂本健(右)が生還し、勝ち越しのホームイン

■棚倉7―3西会津
 【評】棚倉が西会津に逆転勝ちした。棚倉は同点で迎えた三回1死二、三塁から暴投で勝ち越すと、松本隆の三ゴロの間に1点を挙げた。五、六回にもそれぞれ2点を追加し突き放した。西会津は先制したものの守備の乱れが響いた。

 ★遊佐幸久球審(西会津町-棚倉町) 両チームとも投手力や打撃力に差はなかったが、ミスが明暗を分けた。

■1、2番の坂本兄弟打線けん引 棚倉、守備も連係
 棚倉町の1、2番は坂本光、健の兄弟が担い、打線を引っ張った。六回には坂本光が左中間三塁打を放つと、坂本健の遊撃内野安打で貴重な1点を挙げた。守備でも二遊間を守り、連係の取れたプレーを披露。弟の二塁手坂本健は「市町村対抗のプレーは初めてだったが、楽にできた」と充実した表情を見せた。

■「主力いれば」欠場に唇かむ 西会津の主将新田
 ベンチで試合を見守った西会津町の主将新田佳男は「主力選手がいれば、もっと接戦だったのだが...」と唇をかんだ。中軸を担う選手2人が仕事の都合で欠場し、ベストメンバーで臨めなかった。それでも、7月中旬から実施した全体練習の成果は出せたという。「来年は町最高となる2回戦突破を目指したい」と誓った。

市町村対抗軟式野球大会の最新記事

>> 一覧