市町村対抗軟式野球大会

  • Check

川俣 初回大量点 相馬1点止まり

【相馬市―川俣町】1回裏、川俣町1死三塁、野田が右前打を放ち4点目

■川俣5―1相馬
 【評】一回に大量点を挙げた川俣が逃げ切った。川俣は一回無死三塁から米尾智の内野ゴロの間に三走菅野敬が生還し、1点を先制。さらに中軸の吉田、菊地昌、野田の3連打で3点を追加した。相馬は六回に1点を返したが、川俣の継投を攻略できず、逆転できなかった。

 ★遠藤文郎球審(相馬市-川俣町)連打で取った一回の4点が大きかった。相馬はあと一本が出なかった。

■「家族の声力に」二塁打2本放つ 川俣の菊地昌
 二塁打2本を放った川俣町の菊地昌也は「家族の声援が力になった」と満面の笑みを見せた。この日は妻と子ども2人がスタンドで応援。チームを勝利に導く活躍の原動力になったという。「2回戦でもいいところを見せられるように全力でプレーしたい」と張り切っていた。

■2回を無失点「来年は上位に」 相馬の野原
 五回からマウンドに登った相馬市の野原史貴は2イニングを投げ無安打無得点。「楽しんでできればいい」と気を楽に投げたのが良かったという。昨夏の高校野球県大会で小高工の主戦としてチームをベスト4に導き、現在は社会人チームでプレーしている。「来年以降も出場し、少しでも上位に進めるよう頑張りたい」と決意をみなぎらせた。

市町村対抗軟式野球大会の最新記事

>> 一覧