市町村対抗軟式野球大会

  • Check

白河、着実に加点 大玉、最終回に粘り

【白河市-大玉村】大玉村打線を2安打に抑え完投した白河市の緑川

■白河 4-1 大玉
 【評】序盤から着実に加点した白河が大玉に快勝した。白河は一回、内野安打と敵失などで1死一、三塁とすると、藤沢の三ゴロの間に1点を先制した。二回にも無死三塁から片野の三ゴロの間に追加点を挙げた。大玉は七回に粘りを見せたが及ばなかった。

 ★加藤善三球審(白河市-大玉村) ミスが流れを決めてしまった。白河の緑川和哉は素晴らしい投球だった。

■六回まで走者出さない力投 白河の緑川
 白河市の先発緑川和哉は六回まで走者を出さない完璧な投球を見せた。「完全試合を意識した」という七回、先頭打者に死球を与えると右越え二塁打などで1失点。「走者が出ると球が真ん中に集まってしまう悪い癖が出た。修正して一戦一戦チームが勝てるように頑張りたい」と反省点を挙げ前を見据えた。

■一矢報いる二塁打放つ 大玉の押山晃
 七回に相手投手のノーヒットノーランを阻む二塁打を放った大玉村の押山晃康は「一矢報いたかったので気合で打った」と息を弾ませた。初戦敗退に悔しい表情を見せたが、今年は若い選手が増え、戦力アップを実感したという。「守備面を鍛えて来年こそは勝ちたい」と雪辱を誓った。

市町村対抗軟式野球大会の最新記事

>> 一覧