市町村対抗軟式野球大会

  • Check

矢祭、攻めあぐねる

【郡山市―矢祭町】3回表、郡山市2死満塁、阿部が2点を追加する中前打を放つ

■郡山 8-0 矢祭
 【評】打線が爆発した郡山が矢祭にコールド勝ちした。郡山は二回、ボークで先制すると、さらに2死三塁から奥村の三塁内野安打で1点を追加した。三回には阿部の中前打などで一挙4点を挙げ試合を決めた。矢祭は郡山の先発高橋優を打ち崩せなかった。

 ★大内義重球審(郡山市-矢祭町) 力の差があり点差はついたが、矢祭の爽やかなプレーが印象に残った。

■緩急生かし5回無失点 郡山の高橋優
 郡山市の先発高橋優人は緩急を生かした投球で5回を被安打2の無失点に抑えた。「テンポ良く打たせて取ることを考えた」と汗を拭った。仙台育英高出身で、今回初めて選出された20歳。今後に向けて「コースを狙った投球でチームに貢献したい」と意欲を見せた。

■若い選手育てて「来年は一勝を」 矢祭の鈴木守
 矢祭町ナインは敗れたが精いっぱい戦い切ったという満足感で、すがすがしい表情。主将の鈴木守夫は"野球を楽しむ"という一点を忘れないようにナインに呼び掛けた。「悔いが残らないようにやった。来年は若い選手を育てて一勝したい」と前を見据えた。

市町村対抗軟式野球大会の最新記事

>> 一覧