市町村対抗軟式野球大会

  • Check

本間2安打完封 福島が田村下す

【田村市-福島市】田村市打線を2安打に抑え完封した福島市の本間

■福島 5-0 田村
 【評】投打に力を発揮した福島が田村を下した。福島は一回2死から後藤雅、佐藤の三塁打などで3点を先制した。二、四回にも1点ずつ加点し試合を有利に進めた。先発の本間は2安打に抑え完封した。田村は途中出場の樽井が粘りの投球を見せたが、打線が不発だった。

 ★小野公男球審(田村市-福島市) 田村市の万崎健治投手の球も走っていたが前回覇者の福島市の打線が上回った。

■「連覇目指す」 福島の本間
 完封した福島市の主戦本間裕之は「自分から大会出場を志願した」と語った。キレのある速球と緩急をつけた変化球を使い分け、2安打に抑えた。聖光学院高時代は甲子園を沸かせ、現在は北芝電機に所属。「チームは力があり、信頼できる選手ばかり。連覇を目指す」と力を込めていた。

■「積極的に」チーム初安打 田村の吉田
 チーム初安打を放った田村市の吉田喜季は「相手がいい投手だったので、積極的にいこうと思った」と福島市の主戦本間裕之をたたえた。三回まで無安打に抑えられていたが、四回、速球をはじき返した。その後、打線は沈黙し、無得点に抑えられた。「今度は地力を付けて、キレのあるボールに対応できるようにしたい」と再起を誓っていた。

市町村対抗軟式野球大会の最新記事

>> 一覧