市町村対抗軟式野球大会

  • Check

只見 終盤勝ち越し 天栄 8安打を生かせず

【天栄村-只見町】6回裏、只見町1死一、二塁、五十嵐が左越え二塁打を放つ

■只見 5-1 天栄
 【評】終盤に勝ち越した只見が天栄を下した。只見は同点に追い付かれて迎えた六回、四球と敵失で1死一、二塁から五十嵐の左越え適時二塁打で勝ち越し、2死満塁から目黒が適時二塁打を放ちリードを広げた。天栄は只見より2本多い8安打を放ったが、あと一本が出なかった。

 ★加藤善三球審(天栄村-只見町) 前半は両先発投手の持ち味を生かした投手戦だったが六回の4点が勝敗を決めた。

■「次も頑張る」 只見の五十嵐
 只見町の捕手五十嵐譲は「前回はスタメン落ちしていたので奮起した」と納得の表情を見せた。チームは先制したものの追い付かれ、迎えた六回に好機が回ってきた。来た球を打つだけと振り抜いた打球は左翼を破り勝ち越し。チームも初の3回戦進出を果たした。「次も頑張りたい」と勝利を喜んでいた。

■しぶとく同点打 天栄の蕪木
 四回1死一、三塁で同点打を放った天栄村の蕪木尚樹は「次につながる打席を、と思って打席に立った」と振り返った。前の打席は凡退したが、何とか球に食らい付き、しぶとく左翼前に運んだ。「来年は一つ一つ勝って、最低2勝したい」と汗を拭っていた。

市町村対抗軟式野球大会の最新記事

>> 一覧