市町村対抗軟式野球大会

  • Check

延長8回 飯舘に3点勝ち越し許す... 喜多方4点でサヨナラ

【飯舘村-喜多方市】延長8回裏、喜多方市無死二、三塁、渡部正が中前打を放ち二走会田(中央)がサヨナラのホームイン

■喜多方 6-5 飯舘
 【評】特別延長八回までもつれた試合は喜多方が飯舘に逆転サヨナラ勝ちした。3点差を追う八回無死満塁から会田の左前2点適時打で1点差とし、なお無死二、三塁から渡部正の中前2点適時打で決着がついた。飯舘は四回に山田豊の右中間2点二塁打で逆転、八回には3点勝ち越したが、あと一歩及ばなかった。

 ★大内義重球審(飯舘村-喜多方市) 緊迫した好ゲームだった。最後は喜多方の中軸が勝負強さを発揮した。

■「主将の面目」 喜多方の渡部正
 喜多方市の渡部正幸主将は「やるしかなかった」と振り返る。延長となり、特別ルールで満塁から開始。飯舘村に3点差をつけられた。「来た球は何でも打つ」と初球の直球をはじき返し、逆転サヨナラ勝ちを決めた。「主将の面目が立った」と苦笑い。

■「力出し切れず」 飯舘の草野隆
 飯舘村の先発草野隆洸は「力を出し切れずに負けてしまった」と唇をかんだ。二回裏に打球を受け、突き指した。それでも気迫で投球を続け、連続で三振を奪いピンチを切り抜けた。現在は相馬市に避難しており「みんなでプレーできたことは良かった」と野球をできる喜びをかみしめていた。

市町村対抗軟式野球大会の最新記事

>> 一覧