市町村対抗軟式野球大会

  • Check

北塩原チームが抱負

小椋村長(中央)から村旗を受け取った鈴木監督(左から2人目)ら

 市町村対抗県軟式野球大会に出場する北塩原村チームのスタッフは8月29日、村役場を訪れ、小椋敏一村長に出場を報告した。
 鈴木一美監督が「5回目の出場で初の一勝を挙げ、村の名のPRに努めたい」と意気込みを披露した。小椋村長は「練習の成果を存分に出してください」と激励し、小鈴木監督に村旗を授与した。
 チーム代表者の目黒修世村体協会長、鈴木万寿男コーチ、佐藤信寛村教育長が同席した。
 大会は8日に開幕する。同村チームは17日の一回戦で鮫川村と対戦する。

市町村対抗軟式野球大会の最新記事

>> 一覧