市町村対抗軟式野球大会

  • Check

伊達、柳津に大勝

【伊達市-柳津町】4回表、伊達市1死二、三塁、幕田が右中間を破る適時三塁打を放つ

■伊達 8―1 柳津
 【評】効果的に加点した伊達が柳津を下した。伊達は一回、先頭の寺島が右中間三塁打で出塁し、八巻の中前打で先制した。四回には幕田の右中間2点三塁打などで3点、七回にも4点を追加した。柳津は猪俣がランニング本塁打で意地を見せた。

■結果がほしい打席で三塁打 伊達の幕田
 伊達市の幕田寛巳は「選手層が厚いチームで、いいアピールができた」と四回1死、二、三塁からの右中間2点三塁打を振り返った。結果がほしい打席で低めの直球をコンパクトにさばけたという。次は逆転サヨナラ勝ちで波に乗る棚倉町との対戦になるが、「目の前の事を全力でやるだけ」と静かに闘志を燃やした。

■ベンチの雰囲気盛り上げる一打 柳津の猪俣
 四回に右越えのランニング本塁打を放った柳津町の猪俣幸広は「チームのために打てて良かった」と笑顔で話した。4点差で負けていた状況で暗かったベンチの雰囲気を盛り上げる一打となった。「守備のミスを減らして来年は2勝したい」と初戦の勝利をバネにさらに上を目指すことを目標に掲げた。

★大内祐球審(伊達市―柳津町) 両チームの投手とも良かったが、幕田寛巳選手の三塁打で流れが伊達市に傾いた。

市町村対抗軟式野球大会の最新記事

>> 一覧