市町村対抗軟式野球大会

  • Check

若松 石川を逆転

【会津若松市-石川町】6回表、会津若松市1死満塁、走者一掃の勝ち越し適時二塁打を放ちベンチの歓声に応える早川(左)

■若松 8―2 石川
 【評】終盤に打線がつながった若松が石川を下した。若松は2点差で迎えた六回、3連打と2四球などで同点に追いつき、1死満塁から早川の走者一掃の左中間二塁打で勝ち越した。六、七回に計8安打で8点を奪った。石川の鶴渕は五回まで1安打無失点と好投したが疲れの見えた終盤につかまった。

■満塁で二塁打「次戦も打つ」 若松の早川
 六回1死満塁から勝ち越しとなる走者一掃の左中間二塁打を放った会津若松市の早川慎也は「チームに貢献できて良かった」と値千金の一打を振り返った。斎藤康監督のサインはエンドラン。転がすはずがライナーで左中間を抜けた。「結果オーライ。次の須賀川市戦も好機で一本打ちたい」と次戦へ向けて気持ちを引き締めた。

■「投手を楽に」2点適時打 石川の円谷
 石川町の三塁手円谷隼人は「投手を楽にできた」と三回の先制中前2点適時打を振り返った。先制点で流れをつかんだが、六回1死で飛球を投手鶴渕将と譲り合い出塁されると、そこから相手打線に7点を奪われて逆転負けした。「せっかく先制したのに悔しい。来年は借りを返したい」と誓った。

★服部幸夫球審(会津若松市―石川町) 石川町は守備の乱れが痛かった。会津若松市は甘い球を見逃さなかった。

市町村対抗軟式野球大会の最新記事

>> 一覧