市町村対抗軟式野球大会

  • Check

南相馬投手戦制す 桑折好機に不発

【桑折町-南相馬市】桑折町を下しホッとした表情を見せる南相馬市の先発遠藤昌(左)とリリーフした佐藤竜哉

■南相馬 1―0 桑折
 【評】昨年3位の南相馬が桑折との投手戦を制した。南相馬は一回、先頭の松本が死球で出塁し、暴投と犠打で1死三塁から佐藤竜馬の二ゴロの間に先制した。遠藤昌、佐藤竜哉の2投手が継投で1点を守り切った。桑折は一、四、五回と得点圏まで走者を進めたがあと一本が出なかった。

■聖光学院高OB2人 信頼の継投 南相馬
 聖光学院高で活躍した遠藤昌史と佐藤竜哉の両投手の継投で昨年3位の南相馬市が息詰まる投手戦を制した。
 遠藤昌は軟式球に慣れておらず調子はいまひとつだったが、要所を締める粘りの投球を見せた。五回2死から連続四球を出したところでマウンドを年上の先輩・佐藤竜哉に託した。佐藤竜哉は次の打者を1球で二ゴロに打ち取りピンチを切り抜けた。その後も先輩らしく、持ち味の制球力を生かした投球で2回を1安打に抑えてチームに勝利をもたらした。
 遠藤昌は「(佐藤)竜哉さんが後ろにいるので全力でいける」と話し、佐藤竜哉も「遠藤がいてくれて助かる」と互いに信頼を寄せている。坂下明彦監督も「きょうはよく投げてくれた」と両投手をねぎらった。
 南相馬市は昨年、好成績を収めたことからユニホームを新調し、「さらに上位へ」と期待する声が高まっている。遠藤昌、佐藤竜哉の両投手は「できることをやって、期待に応えられれば」と力強く話した。

■1失点で敗戦「来年こそ完封」 桑折の加藤
 六回まで被安打2、1失点に抑えながら、惜しくも敗戦投手となった桑折町の加藤崚平は「立ち上がりが全て」と一回に無安打で与えた得点を悔やんだ。二回以降は尻上がりに調子を取り戻し、球威のある直球を武器に1安打に抑えた。0-1で負けたこともあり、「来年こそは完封したい」と意気込んだ。

★服部幸夫球審(桑折町―南相馬市) 両チームとも好投手だった。好機を生かせたかどうかで勝敗が分かれた。

市町村対抗軟式野球大会の最新記事

>> 一覧