市町村対抗軟式野球大会

  • Check

白河、延長で塙下す

【白河市―塙町】延長8回表、白河市無死三塁、広沢伸の投ゴロの間に三走小林が生還。捕手古橋慶、球審大内

■白河5―2塙
 【評】白河が塙との延長戦を制した。白河は四回、北川の右前打、小林雅の犠打で2死二塁から広沢伸の左越え三塁打で先制。同点の延長八回は暴投などで4点を挙げた。先発の緑川は8回4安打2失点で2試合連続の完投勝ち。塙は六回に敵失で同点に追い付き、延長八回にも古橋夏の押し出し死球で1点を返したが、後続が倒れた。

■奮闘の投手を攻守で支える 白河の広沢伸
 四回に先制の左越え三塁打を放った白河市の広沢伸幸は「頑張っている投手を助けたかった」と思い切りバットを振り抜いた。守備では捕手として先発・緑川和哉を巧みにリードし、特別ルールの延長八回を1点で切り抜けた。矢吹町との3回戦に向けて、「顔見知りが多い。市の代表として絶対勝ちたい」と力強く語った。

■「流れつくれず」苦しい展開反省 塙の古橋夏
 塙町の先発・古橋夏樹は二回を除き毎回走者を出す苦しい投球となった。7回を1点に抑えたが、「球数が増え、流れをつくれなかった」と守備の時間が長くなったことを悔やんだ。六回の第4打席、死球で出塁すると二盗し、藤田陽治の左飛で三塁へ好走塁。相手守備のミスを誘い、同点に追い付く気迫を見せた。「来年こそは上位に行きたい」と意気込んだ。

★大内義重球審(白河市―塙町)
 五分五分の試合だった。両先発投手ともに持ち味を生かし、よく投げた。

市町村対抗軟式野球大会の最新記事

>> 一覧