市町村対抗軟式野球大会

  • Check

郡山「足攻」でコールド勝ち 湯川あと一本出ず

【湯川村―郡山市】6回裏、郡山市無死二塁、興治の右中間適時打で二走大久保が生還。捕手真壁

■郡山7―0湯川
 【評】機動力を生かした郡山が湯川に六回コールド勝ちした。郡山は一回1死二塁、三條の左越え二塁打で先制。二回に4点、四回に1点を加え、六回に興治の右中間適時打で試合を決めた。8盗塁と足を絡めた攻撃が光った。湯川は散発2安打。五回に唯一、二塁まで走者を進めたが、あと一本が出なかった。

■8盗塁に満足顔 郡山の青木監督
 郡山市は8盗塁と機動力を生かして得点を重ね、六回コールド勝ちした。青木大輔監督は「目指す野球ができた」と満足顔だった。石井秀佳も「足を絡めて攻撃できた」と2盗塁でチームに貢献した。石井は打撃でも直球に的を絞り、2安打1打点と活躍。3回戦の会津美里町は以前、敗れている相手だが「挑戦者の気持ちで臨みたい」と笑顔で話した。

■完敗にも充実感 湯川
 1回戦を勝ち上がり、強豪・郡山市と対戦した湯川村だったが、打線が3投手の継投の前に散発2安打で三塁を踏めなかった。中島敦之監督は「相手が一枚も二枚も上手だった」と完敗を認めた。湯川村は第1回大会から出場、メンバーの顔触れはほぼ同じ。主将の斎藤誠は「心を一つにして戦うことができた」と振り返り、来年へ向けて精進することを誓った。

★高橋芳市球審(湯川村―郡山市)
 湯川村の斎藤賢一投手はコースに丁寧に投げたが、郡山市打線が上回った。

市町村対抗軟式野球大会の最新記事

>> 一覧