ふくしま気になるお店

2014年7月アーカイブ

パン工房トムテ(いわき市)

ベーグル
 米と、こうじなどを原料とする天然酵母と国産小麦を組み合わせた健康志向のパンを作っている。かむほどに小麦本来の香ばしさや甘さが味わえる。  中でもお薦めはベーグル。もちもちとした食感のプレーンベーグル(130円)や、こしあんが入った抹茶ベーグル(19...[記事全文

カテゴリー:浜通り

三春茶屋(三春町)

茶屋ぶっかけ・花
 そばやうどん、定食などメニューの豊富な食堂。今年、40周年を迎えた。夏季限定の人気商品はそば・うどんを氷入りのつゆで食べる「茶屋ぶっかけ」だ。3コースのうち、「花」(1460円)はニシンやえび天、アボカド、トマト、キュウリ、大根、玉ねぎなどのたっぷ...[記事全文

カテゴリー:県中・県南

洋食屋ふらいと(会津若松市)

完熟トマトの冷製パスタ
 親しみやすい洋食メニューに古里の恵みがたっぷり入っている。米や野菜は会津の契約農家などから仕入れ、彩り豊かなメニューは季節ごとに変える。  これからますます甘さを増す完熟トマト料理が夏のお薦めだ。エビとトマトのパスタ(1200円)、冷製パスタ(12...[記事全文

カテゴリー:会津

そば処花季(二本松市)

花ひめ
 安達太良山の裾野に平成10年にオープンした。落ち着いた雰囲気の店内で、長野県で修業した店主の織井昌章さん(72)が手打ちの二八そばを振る舞う。麺やつゆのおいしさは安達太良山の伏流水が支える。  オススメは「花ひめ」(1050円)だ。ぷりぷりのエビの...[記事全文

カテゴリー:県北

中華朋絢(須賀川市)

冷やし中華
 須賀川市の中心市街地にある中華料理店。地元では昼食から飲み会の締めまで幅広く利用されている。「もともとは洋食のシェフだった」という店主の飯沼時雄さんが平成2年に独立し、現在の場所で営業を始めた。店名の「朋絢(ほうじゅん)」は娘2人の「朋子」「絢子」...[記事全文

カテゴリー:県中・県南

1