ふくしま すい~つ

2011年8月アーカイブ

コーヒー大福 菓子処いづみや(本宮市)

 こしあんにコーヒーの風味をブレンドした自慢の逸品。中には生クリームがたっぷり入り、食欲をそそる。  10年前に発売した。当初は売れ行きが伸びなかったが、大福とコーヒーの組み合わせが珍しく、口コミでおいしさが広まった。今では1日150~200個を売り...[記事全文

カテゴリー:県北

蒸しどら 田原屋菓子店(喜多方市)

 大正初期創業の老舗が昨年秋から売り出したところ話題を集め、新たな目玉商品となった。どら焼きの生地を焼かずにふっくら蒸し上げ、ロールケーキのような和菓子に仕上げた。  バナナと白あん、生クリームで仕上げたバナナ味、抹茶と小豆のつぶあんが絶妙なバランス...[記事全文

カテゴリー:会津

信長 アル・コニーズ(白河市)

 戦国武将を想起させるネーミングの和風スイーツ。抹茶のムースの中につぶあんが入り、上には2つの一口まんじゅうと手裏剣型のパイ菓子を乗せた。店舗は蔵の並ぶ集客施設「楽蔵(らくら)」内にある。ここでしか味わえない一品をと、遠藤誠一社長が考案した。  カフ...[記事全文

カテゴリー:県中・県南

もも丸 パティスリー白亜館(会津若松市)

 会津若松市南御山の契約農家で栽培され安全検査を経た桃を、丸ごと1つ使ったぜいたくな一品。  種をくり抜いた部分に特製のカスタードクリームがぎっしり詰まっていて、みずみずしい果肉の甘さを引き立てている。ひんやりとした歯触りも楽しめる夏の定番商品。季節...[記事全文

カテゴリー:会津

1