ふくしま すい~つ

「会津」アーカイブ

チョコバナナクレープ Cafe JARGON(南会津町)

 たっぷりのクリームにチョコレートとバナナが組み合わさり、さまざまな甘みが口の中に広がる。生地は注文を受けてから焼いており、出来たての味が甘みを引き立てる。キャラメル、マンゴー、黒みつなど多彩な味にファンは多い。  独自のクレープとして人気を集めるの...[記事全文

カテゴリー:会津

豆乳de黄金焼 おやつショップ苺 会津神明通り店(会津若松市)

 会津若松市神明通り沿いにあり、買い物帰りの客や学生らでにぎわう。一口サイズの「豆乳de黄金焼」は昨年、近くの興徳寺に建立された「おさすり地蔵」の御利益にあやかって開発した。豆乳のヘルシーさが分かるしっとりやわらかい生地と甘さを控えた餡(あん)は、飽...[記事全文

カテゴリー:会津

ロイヤルピーナッツソフトクリーム おくや(喜多方市)

 「会津で、おいしい落花生を作りたい」という思いから創業した豆菓子製造「おくや」の人気商品。「ピーナツ味のソフトクリームはあるようであまりない」と夏場はもちろん、冬でもその味を求めて市内外から常連客らが次々と訪れる。  会津地方で収穫されたピーナツの...[記事全文

カテゴリー:会津

あいづじげん もっちり焼 吉原製菓(会津美里町)

 会津美里町のキャラクター「あいづじげん」をモチーフにした新商品。  小麦粉やバターを使った皮は"しっとり、もっちり"が特徴だ。中には北海道産の小豆を使ったこしあんが詰まっている。表面にキャラクターの焼き印が押してあり、子どもからお年寄りまで人気を集...[記事全文

カテゴリー:会津

天ぷらまんじゅう おいしさづくり 日乃出屋(猪苗代町)

 猪苗代町の中ノ沢温泉街にたたずむ、創業60年の老舗で愛され続ける逸品。  薄く衣をまとい、外側はさくさく、中のしっとりとした自家製あんと絶妙のハーモニーを奏でる。あんは北海道産のアズキに「白ザラ糖」を合わせているため、すっきりとした甘さに仕上がって...[記事全文

カテゴリー:会津

シフォンケーキふわふわ 菓子工房ふわふわ(会津美里町)

 "ふわふわ"の食感が特徴のシフォンケーキ。会津産の野菜や果物を練り込んだ生地にたっぷりの生クリームを挟んでいる。  伊佐須美神社脇の門前横町通り「美里蔵」内に平成22年に開店した。総菜製造販売「やまぶき」が地元の野菜を使ったケーキづくりに取り組んで...[記事全文

カテゴリー:会津

あんみつ 会津葵シルクロード文明館(会津若松市)

 鶴ケ城の北出丸近く、シルクロードの文物を展示する美術館内の茶房「西遊館」で味わえる。  自家製あん、寒天、果物に黒みつが上品な甘さを添える。桜の花びらを浮かべた「さくら湯」が付く。大河ドラマ「八重の桜」の舞台となった鶴ケ城の観光や街歩きの合間に食べ...[記事全文

カテゴリー:会津

はちみつロール ドゥミール(会津坂下町)

地元産の米粉とハチミツを使用[記事全文

カテゴリー:会津

そばソフトクリーム 道の駅番屋(南会津町)

 口に入れるとそばの風味や香りが広がる新感覚のスイーツ。甘さだけでなく、爽やかさも楽しめることから夏の行楽シーズンにぴったりの一品だ。  裁ちそばで知られる地元舘岩地区の名産品を生かそうと道の駅を運営する「たていわ農産」が考案した。高原が育んだ良質な...[記事全文

カテゴリー:会津

ほうれん草と里芋のティラミス 野菜Cafe「鼎」-カナエ-(会津若松市)

 会津若松市七日町に店舗を構える落ち着いたカフェ。野菜の食感や風味を生かしたスイーツを常時約10種類提供している。  里芋の食感を残したクリームの上に、パウダー状にしたほうれん草をまぶした「ほうれん草と里芋のティラミス」は、中でも人気が高い。野菜ジュ...[記事全文

カテゴリー:会津

酒粕のパンナコッタ お菓子工房 ふくす べるぐ(猪苗代町)

 地元の酒造会社から仕入れた酒粕(かす)を生クリームで煮込んで完成する「酒粕のパンナコッタ」が人気の逸品だ。ほんのりとした甘酒のような味わいがあり、口溶けも優しい。喜多方市のNPO法人が生産したラフランスのジャムが掛けられ、食べ応えも十分だ。  会津...[記事全文

カテゴリー:会津

酒かす生キャラメル 月見屋菓子店(南会津町)

 口にすると、生キャラメルの上質な甘みの後、酒かすの風味がふわっと広がる。酒蔵と菓子店のコラボレーションが作り出した独自性あふれるスイーツだ。  材料は花泉酒造の酒かすをはじめ、栃の木の花のはちみつや牛乳といった新鮮な地元南郷産の物にこだわっている。...[記事全文

カテゴリー:会津

毒りんご生サブレ 山口製菓本店(喜多方市)

 約100年の歴史を誇る老舗の店内には、強いインパクトで笑ってもらおうと、ちょっと変わったネーミングの商品が並ぶ。もちろん、毒など入ってはいない。  マーガリンと砂糖、卵を絶妙のバランスで混ぜ合わせ、きざんだリンゴを入れ、小麦粉を混ぜて丁寧に焼き上げ...[記事全文

カテゴリー:会津

白虎美少年最中 会津菓匠庵すがの屋(会津若松市)

 「最中は甘すぎる」という固定概念を取り払った逸品。餡(あん)は、厳選した北海道十勝産の小豆と上質感のある砂糖を使う。毎朝、職人が炊き上げ、手作業で一個一個丁寧に詰め込む。  粒がつぶれないようじっくり仕込んだ餡は素材を引き出し、飽きのこない甘さに仕...[記事全文

カテゴリー:会津

むしどら 吉原製菓(会津美里町)

 昭和12年創業の老舗和菓子店の人気商品が「むしどら」だ。皮は、沖縄県産黒糖を使用した蒸しカステラ生地。あんは北海道産小豆の柔らか粒を使っており、ふっくら、しっとりとした味わいを持つバターサンドに仕上がっている。  町出身の天台宗僧侶、天海大僧正は徳...[記事全文

カテゴリー:会津