情報ナビ「たいむ」

2014年11月アーカイブ

ことばの部屋(16) 女心と秋の空 変わりやすいのは人の心

 「女心と秋の空」といえば、女性から突然の別れを告げられて、その理由がわからず悲しみに暮れる男性をイメージする。「女心と秋の空って昔から言うじゃないか。早く忘れろよ。この世に女は星の数ほどいるんだから」。振られた友人をこんな言葉で慰めた人もいるだろう...[記事全文

カテゴリー:ことばの部屋

ことばの部屋(15) 幕間 「まくま」でなく「まくあい」

 小学校の学習発表会で子どもたちの演劇を見るのは楽しい。役になりきって演じる子どもたちの表情は生き生きしており、いつの間にか自分も劇の世界に吸い込まれてしまう。幕が下りると観客は休憩時間だが、子どもたちは舞台裏で大道具の片付けや次の準備で動き回ってい...[記事全文

カテゴリー:ことばの部屋

1