情報ナビ「たいむ」

2015年1月アーカイブ

ことばの部屋(20) こたつ 「炬燵」「火燵」・・・共に当て字

 こたつで家族団らんというのは、日本の冬の風物詩の一つだ。居間のこたつは、ご飯を食べたり、テレビを見たりするだけでなく、父がうたた寝をしたり、母が縫い物をしたり、その横で子どもたちが宿題を広げたりと、自由に過ごせる空間だ。  こたつの漢字表記には、「...[記事全文

カテゴリー:ことばの部屋

ことばの部屋(19) 鏡餅 平安期はモチヒカガミ

 お正月に床の間や神棚に飾られている鏡餅は、年神様へのお供え物である。形が鏡に似ていることからのネーミングであるが、四角形の鏡を見慣れている現代人にとって円形の鏡はピンとこないだろう。古代の鏡は青銅製の円形で、物の姿や形が映ることから特別な霊力がある...[記事全文

カテゴリー:ことばの部屋

1