情報ナビ「たいむ」

2016年5月アーカイブ

ことばの部屋(52) 山形の方言みやげ 想像以上に多種多彩

 学会などで各地へ出掛けたとき、その土地の方言が書いてある手拭いや湯飲み、のれんなどを見つけることを楽しみにしている。方言みやげだ。みやげと言っても、誰かに買うのではなく、そこに書いてある方言を見るために、自分のものとして買うのだ。旅先のみやげもの屋...[記事全文

カテゴリー:ことばの部屋

ことばの部屋(51) 菜の花 野菜の総称から油菜へ

 黄色いじゅうたんが一面に広がっている菜の花畑は、春の風物詩の一つだ。菜の花畑を見ていると、山村暮鳥の詩「風景 純銀もざいく」が浮かんでくる。三連全て平仮名で書かれているこの詩は、どの連も「いちめんのなのはな」と8回繰り返しており、びっしりと咲いてい...[記事全文

カテゴリー:ことばの部屋

1