情報ナビ「たいむ」

2016年6月アーカイブ

ことばの部屋(54) カタツムリの方言

 日本で初めて方言の地理的な分布から、言葉がどう伝わり、広がっていくのかを明らかにしたのは、民俗学者の柳田国男である。柳田は全国各地からカタツムリの方言を収集して、ナメクジ類(A)、ツブリ類(B)、カタツムリ類(C)、マイマイ類(D)、デデムシ類(E...[記事全文

カテゴリー:ことばの部屋

ことばの部屋(53) カタツムリ 堅い殻もつ丸いもの

 雨の日のあじさいの葉っぱにいるカタツムリは梅雨の風物詩の一つだ。水気が大好きなカタツムリだが、雨が降る中、葉っぱの上にじっとしていることはあまりない。雨が降ってくると、葉っぱの裏側に避難し、雨が上がると這い出してくるのだ。カタツムリも雨宿りをするこ...[記事全文

カテゴリー:ことばの部屋

1